化学物質の管理

大塚商会は、次世代に健全な環境を引き継ぐことができるよう、環境方針に環境保全を掲げ、全ての事業活動を通じて積極的に活動を推進しています。昨今、欧州のRoHS指令(注1)やREACH規制(注2)など、製品の化学物質含有規制は国際的な広がりを見せています。当社では取り扱う商品を製造するメーカーやベンダーに対し、規制対象物質の使用を避けるようお願いしています。また、当社内に調査分析機関は有していませんが、当社の取り扱う商品における含有物質を含む各種調査依頼に対しては、以下のような対応をしています。当社は環境保全活動の一環として、今後も化学物質含有規制に対応した商品の販売に注力し、規制対象物資通含有品の調達は避ける方針です。

  1. ご購入いただいた商品に関しては、商品情報の提供に応じます。
  2. 不含有証明依頼については、当社の立場での証明はできませんが、その都度メーカーに問い合わせを行い、回答します。
  • (注1)欧州連合(EU)が2003年に公布した、電子・電気機器における特定有害物質の使用を制限する指令のこと。"Restriction of Hazardous Substances(危険物質に関する制限)"の頭文字をとっている。
  • (注2)欧州連合(EU)が2007年より実施している、人の健康や環境の保護のために化学物質とその使用を管理する欧州議会および欧州理事会規則。"Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals(登録、評価、認可および、規制制度を化学物質に適用する) "の頭文字をとっている。