ご挨拶

弊社は2002年に制定した「ミッションステートメント」によって、大塚商会のあるべき姿を明確にし、理想となる会社像を構築すべく努めてまいりました。

私が社長に就任して以来、常にお客様の目線で考え、お客様のお役に立って行こうというコンセプトの下、企業活動を行っています。

社会貢献と環境保全活動においても、大塚商会として何ができるかを常に考え、決して背伸びすることなく、出来ることを確実に実施して行くことが大事だと考えています。

社会貢献活動として、リユースパソコンの寄贈活動や通信販売事業「たのめーる」の商材を寄贈する「たのくんからの贈り物」、社員と会社のマッチングギフトである「ハートフル基金」を活用した様々な支援活動などを行っています。

また、環境保全に関しては、ITの活用やLED照明をはじめとする環境ソリューションを提供することでCO2削減に取り組むなどISO14001の規格に則った活動を実践しています。ブラジルのマカパに「たのくんの森」と銘打った植林を行っているのも、その活動の一環です。

まだ、道半ばではありますが、一歩一歩着実で安定した社会貢献と環境保全活動を進めていきます。

弊社は「ミッションステートメント」の実現に向けて、これからも着実な歩みを続けてまいります。今後とも、みなさまのより一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
大塚 裕司

社会貢献・環境保全活動とミッションステートメント

1961年の創業以来、当社はIT機器の販売やサポートサービスの提供を通じて、企業そして社会のIT化に貢献するべく活動を行っています。

2002年に制定したミッションステートメントは、当社の社会的役割・責任・存在意義を「使命」として、「目標」や日々の「行動指針」を告示、宣言しています。

ミッションステートメントには企業としての成長への意欲だけでなく、「社会からの信頼を得ること」「従業員の成長を支援すること」「自然や社会との共存」「法令の遵守」など、社会的な責任と約束も定められています。私たちは、このミッションステートメントのもとでCSR(社会的責任)活動に取り組んでいます。

ミッションステートメント