ここから本文です。

肝癌の中山晃一(なかやまこういち)さんに、「大塚商会ハートフル基金」より支援金を贈りました

2008年10月8日

中山晃一さん(37歳)は中学生の時の輸血が原因で、後にC型肝炎になり、ここ2年の間に肝硬変から肝癌を発症し、吐血しては入退院を繰り返すという状態になってしまいました。
残された道は肝臓の移植にたよるしかない状況です。

この度、当社の社員からの支援要請に応え、「大塚商会ハートフル基金」より支援金を贈りました。

中山晃一さんの、一日も早い手術の成功と病気快癒をお祈りいたします。

ここまで本文です。

このページの先頭へ