ここから本文です。

「拡張型心筋症」の高橋さくらちゃんに「大塚商会ハートフル基金」より支援金を贈りました

2009年2月20日

2008年2月26日生まれの高橋さくらちゃんは、生後8ヶ月で拡張型心筋症を発症しました。さくらちゃんの心臓は入院時より拡張が進んできており、左の肺は心臓に圧迫されほぼ機能していないとのことです。

この様な状態で風邪等をひいた場合、呼吸状態や全身状態が悪くなり、一気に病状が悪化し、生命を維持することが非常に困難な状況にあります。まだ生後11ヶ月のため、補助人工心臓を使うことが難しい状況であり、現状の医学では生命をつなぎとめる方法は「移植」しかないという結論です。

この度、当社の社員からの支援要請に応え、「大塚商会ハートフル基金」より支援金を贈りました。
高橋さくらちゃんの、一日も早い手術の成功と病気快癒をお祈りいたします。

ここまで本文です。

このページの先頭へ