ここから本文です。

「ヒルシュスプルング病」の古谷美香子ちゃんに、「大塚商会ハートフル基金」より支援金を贈りました

2009年10月30日

古谷美香子(みかこ)ちゃんは、2008年11月14日に生まれ、生後1週で「ヒルシュスプルング病(腸の動きをコントロールする腸管内神経節細胞が、先天的に一部分が欠如している病気)」だと判明しました。
特に美香子ちゃんの場合、小腸から先の腸管に神経が届いていないため、口からの栄養摂取が全くできなく100%輸液に頼っている状態です。
美香子ちゃんを救うためには臓器移植を行うしか方法がないという結論です。
しかしながら日本の現行法では子供の移植手術ができないため、最終的に莫大な費用を伴う海外での移植手術に頼るしかありません。

この度、当社の社員からの支援要請に応え、「大塚商会ハートフル基金」より支援金を贈りました。
美香子ちゃんの、一日も早い手術の成功と病気快癒をお祈りいたします。

ここまで本文です。

このページの先頭へ