ここから本文です。

「生命をつなげ!」 古谷美香子ちゃんに、「大塚商会ハートフル基金」より支援金を贈りました

2010年7月8日

古谷 美香子(ふるや みかこ、1歳6ヶ月)ちゃんは、生後1週で「ヒルシュスプルング病(腸の動きをコントロールする腸管内神経節細胞が、先天的に一部分が欠如している病気)」と判明し、生きるためには海外での臓器移植に頼るしかない状況でした。「美香子ちゃんを救う会」が結成され、全国からの応援募金も集り、2010年4月10日無事に小腸・大腸移植手術を受けることができました。

しかしながら、移植手術は無事終了したものの術後の体調が安定せず、現在もICU(集中治療室)での懸命の治療が続いています。そのため、高額の治療費が必要となり、再度の募金活動をスタートされました。

前回に引き続き、同会から直接の支援要請に応え、幼い生命を守るために「大塚商会ハートフル基金」より再度の支援金を贈りました。
美香子ちゃんの、一日も早い病気快癒をお祈りいたします。

ここまで本文です。

このページの先頭へ