ここから本文です。

バルカン半島洪水災害に対しまして、「大塚商会ハートフル基金」より
義援金を贈りました

2014年6月20日

ヨーロッパ南東部のバルカン半島で5月中旬から降り続いた記録的な豪雨により、セルビア共和国およびボスニア・ヘルツェゴビナで大洪水が発生し、家屋や道路、鉄道、一部の県が完全に水没するなど両国に甚大な被害をもたらしました。
広範囲にわたる洪水や土砂崩れにより、両国で合計57人が亡くなり、セルビアでは人口の22%にあたる160万人以上が、ボスニア・ヘルツェゴビナでは人口の25%にあたる100万人以上が被災し、セルビアでは3万2000人、ボスニア・ヘルツェゴビナでは4万人が避難所での生活を余儀なくされています。

この災害で亡くなられた皆様に心から哀悼の意を表すると共に、被災された現地の皆様に対して衷心よりお見舞い申し上げます。

この災害支援のため「大塚商会ハートフル基金」より、日本赤十字社を通じて災害義援金を贈りました。
現地の1日も早い復興をお祈りいたします。

ここまで本文です。

このページの先頭へ