ここから本文です。

大塚商会の事業と環境影響

当社の事業活動の流れとその周辺で生じる環境影響は下図のとおりです。
当社の事業活動だけでなく、当社が販売したお客様先での機器・サービスの利用でも、電力やガソリン・紙などの資源を消費し、排ガスや廃棄物を排出しています。

当社では、環境への負荷を低減するため、当社の事業活動のみならず、お客様先においても消費する資源と排出する廃棄物をできるだけ少なくするよう、取り組みをおこなっています。
例えばペーパーレスシステムの普及促進や廃棄商品のリサイクル処理など、事業活動を通じてお客様の環境問題への取り組みも支援。環境に配慮した商品の販売を拡大していくことで、当社のお客様が消費する資源・エネルギーの削減までを視野に入れた幅広い活動を展開しています。

大塚商会の事業フローと環境影響イメージ図の説明。当社の事業はメーカーから物品の供給を受け、それをお客様に商品やサービスの形で納入します。その過程でエネルギーを使用し、環境負荷を発生させています。大塚商会みずからが消費する電力は21160839キロワット、ガソリンは1481キロリットル、OA用紙は18810箱です。排出する産業廃棄物は1834トン、一般廃棄物は130トン、廃棄物の合計は1964トンです。

ここまで本文です。

このページの先頭へ