ここから本文です。

エコ・アクション・プラン

環境行動指針:大塚商会は、最新のグリーンITソリューションをお客様に提案・提供すると共に、それらを自社内でも積極的に実践・推進し、地球環境の改善に貢献する
単なるはやりから、グリーンITは企業責任に ~地球環境にやさしく、ビジネスに強いオフィスへ~

大塚エコ・アクション・プラン(2012~2014)

環境理念

株式会社大塚商会は、環境保全を経営の最重要課題の一つとして位置づけ、その事業活動を通じて、「自然や社会とやさしく共存共栄する企業」を目指します。

社外へ向けた活動
環境目的 環境目標
2014年度達成目標
環境対応商品・サービスの普及促進 通販事業「たのめーる」において、環境商材の販売を前年比102%以上とする。
環境商談率20%以上を目指す。
社内の活動
環境目的 環境目標
2014年度達成目標
1.CO2排出量の削減 CO2排出量を2009年度比平均12%以上削減する(電気、ガソリン、コピー用紙)
2.エネルギー使用量の節減 電気の使用量を2009年比で平均12%以上削減する
ガソリンの使用量を2009年比で平均5%以上削減する
1台あたりの平均燃費の向上(社有車)
3.紙資源の節減 「紙の使用に係る売上原単位を、前年比5%以上改善する」
*月間は状況把握とし、年間トータルでの評価とする。
4.資源の3R(Reduce,Reuse,Recycle)促進 再資源化率平均97%以上と維持する

補足事項 :
グリーン購入については、ある程度定着してきたため、今後は維持管理項目として活動は継続するが、アクションプランにはかかげない。

ここまで本文です。

このページの先頭へ