当社社員の新型コロナウイルス感染について(第三報・更新)

2020年 7月10日
(7月6日発表を更新)
第202018号

株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:大塚 裕司)は、当社社員が新型コロナウイルスに感染している事を確認しましたので報告します。

【7月6日 発表】

 社員A
勤務地:東京都千代田区
社員B
勤務地:東京都千代田区
6月27日(土)、28日(日)自宅等で通常生活自宅等で通常生活
6月29日(月)出社勤務出社勤務
6月30日(火)在宅勤務、体調不良で自宅待機在宅勤務、体調不良で通院
7月1日(水)通院PCR検査
7月2日(木)PCR検査自主隔離
7月3日(金)陽性判定同上
7月4日(土) 陽性判定

感染した当社従業員(社員A・B)は同一就労フロアで勤務していました。いずれも内勤であり、お客様との接触はありません。

社員A・Bが出社勤務した6月29日に同一就労フロアに出社していた他の社員全員を自宅待機にし、経過観察を行っています。また、社員A・Bの行動履歴について当社が調査したところ、他の社員に複数の濃厚接触者がいる疑いが生じましたので、医療機関等に相談するよう指示しています。

社員A・Bの就労フロアおよび立ち寄り共有部は7月1日より立ち入り禁止にし、すでに消毒は完了しています。

当社では今後も引き続き保健所の指導を受けながら、全就労者に対し改めて注意喚起を行うとともに、さまざまな対策を講じて感染防止に取り組んでいきます。

【7月10日 更新】

7月6日に発表した新型コロナウイルスに感染した社員と濃厚接触の疑いがある社員に対して、保健所の指示にてPCR検査を受検させた結果、新たに8名の感染が判明し、計10名となりました。

感染が判明した10名は2020年度の新入社員で、入社式以降、在宅オンライン研修を行ってきました。政府による緊急事態宣言解除を受けて、6月からは週3回の在宅オンライン研修と週2回の集合研修としていましたが、体調不良者判明以降は在宅オンライン研修に戻しています。

なお、当社では感染防止対策としてのオフィスガイドラインを徹底して実施していますが、業務時間外の行動についても、再度、指導徹底しました。

感染者は研修期間中であり、お客様との接触は一切ありません。

 感染社員8名
勤務地:東京都千代田区(研修棟)
6月29日(月)出社勤務
6月30日(火)在宅勤務
7月1日(水)~7日(火)自宅待機
7月8日(水)PCR検査
7月9日(木)陽性判定

当社では今後も保健所の指導のもと、全就労者に対しオフィスガイドラインの遵守と業務時間外の行動について改めて注意喚起を行うとともに、感染防止に取り組んでいきます。