当社における新型コロナウイルス感染について

2020年12月28日
第202019号

株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:大塚 裕司)は、当社就労者が新型コロナウイルスに感染している事を確認しましたので報告します。

発表日内容
2020年12月28日当社社員1名(勤務地:東京都千代田区、営業職)の感染が判明しました。
2020年12月24日当社社員1名(勤務地:福岡市博多区、営業職)の感染が判明しました。
2020年12月18日当社社員3名(いずれも勤務地:広島市中区、営業職)の感染が判明しました。
*12月21日更新
・当社社員の濃厚接触者について、3名(いずれも営業職)が陽性と判明しました。
2020年12月14日当社社員1名(勤務地:東京都千代田区、営業職)の感染が判明しました。
2020年12月7日当社社員1名(勤務地:大阪府守口市、技術職)の感染が判明しました。
2020年12月7日当社社員1名(勤務地:神戸市中央区、営業職)の感染が判明しました。
2020年12月4日当社社員1名(勤務地:大阪市福島区、営業職)の感染が判明しました。
2020年11月30日当社社員1名(勤務地:千葉県柏市、営業職)の感染が判明しました。
2020年11月27日・当社社員1名(勤務地:東京都中央区、営業職)の感染が判明しました。
・当社社員1名(勤務地:東京都千代田区、スタッフ職)の感染が判明しました。
2020年11月25日当社社員1名(勤務地:東京都千代田区、スタッフ職)の感染が判明しました。
2020年11月24日・当社社員2名(勤務地:大阪市福島区、技術職)の感染が判明しました。
*11月25日更新
・当社社員の濃厚接触者のうち、1名の陽性が判明しました。
2020年11月5日・当社社員1名(勤務地:横浜市神奈川区、営業職)の感染が判明しました。
・当社社員1名(勤務地:大阪市中央区、技術職)の感染が判明しました。
*11月9日更新
・大阪市中央区の同フロアに勤務する社員が任意でPCR検査を受けたところ、6名(営業職4名、技術職1名、スタッフ職1名)が陽性と判明しました。
2020年10月30日当社社員1名(勤務地:埼玉県久喜市、営業職)の感染が判明しました。
2020年10月27日当社社員1名(勤務地:名古屋市中区、技術職)の感染が判明しました。
2020年10月21日当社社員1名(勤務地:東京都千代田区、スタッフ職)の感染が判明しました。
2020年10月19日当社社員1名(勤務地:大阪市中央区、スタッフ職)の感染が判明しました。当該社員は発症していません。
2020年10月5日当社社員が任意のPCR検査を受けたところ、1名(勤務地:東京都新宿区、営業職)が陽性と判明しました。当該社員は発症していません。
2020年10月1日当社社員1名(勤務地:東京都新宿区、営業職)の感染が判明しました。
*10月5日更新
・同フロアに就労する濃厚接触者ではない社員2名(いずれも営業職)に発熱があり、PCR検査を受けたところ、陽性と判明しました。
2020年9月29日当社社員1名(勤務地:東京都港区、営業職)の感染が判明しました。
*10月1日更新
・当社社員の濃厚接触者のうち、1名(勤務地:東京都中央区、営業職)の陽性が判明しました。
2020年9月16日・当社社員1名(勤務地:名古屋市中区、技術職)の感染が判明しました。
・当社社員1名(勤務地:東京都中央区、営業職)が、明確な自覚症状はありませんでしたが個人で任意のPCR検査を受けたところ、陽性と判明しました。
2020年9月10日当社社員1名(勤務地:東京都中央区、営業職)の感染が判明しました。
2020年8月17日・当社社員1名(勤務地:東京都江東区、技術職)の感染が判明しました。
・当社社員1名(勤務地:大阪市福島区、営業職)の感染が判明しました。
2020年8月11日当社社員1名(勤務地:東京都江東区、技術職)の感染が判明しました。
2020年8月7日当社社員1名(勤務地:大阪市福島区、スタッフ職)の感染が判明しました。
2020年8月5日当社社員1名(勤務地:東京都豊島区、営業職)の感染が判明しました。
2020年7月21日当社の電話オペレーター業務の委託先企業に所属する1名(勤務地:東京都江東区)の感染が判明しました。
2020年7月16日当社社員1名(勤務地:東京都中央区、技術職)の感染が判明しました。
2020年7月10日当社社員10名(新入社員研修中)の感染が判明しました。
2020年4月13日当社社員1名(勤務地:仙台市、営業職)の感染が判明しました。
2020年4月7日当社社員1名(勤務地:東京都千代田区、スタッフ職)の感染が判明しました。

当社では今後も引き続き保健所の指導を受けながら、全就労者に対し改めて注意喚起を行うとともに、さまざまな対策を講じて感染防止に取り組んでいきます。