メーカーサポート終了のリスクとは<ITのライフサイクル>

パソコンやサーバーのOS、アプリケーション、ハードウェアにはサポート期限があり、サポートが切れたシステムの利用はリスクが高く危険です。特にサーバーの導入は検討事項が多いため、移行には時間がかかります。

動画で分かるITのライフサイクル

ITのライフサイクル概要

ITシステムのライフサイクルを考え、IT基盤の強化を適切なタイミングで計画的に行うことは、企業の存続と発展には必要不可欠なことです。

Windows Server 2003のサポート期間が終了しました

サーバーやPCの寿命

  • アプリケーションの寿命
  • ハードウェアそのものの寿命
  • WindowsなどOSの寿命

サーバーやPCの寿命には、上記の三点が挙げられます。2015年7月にはWindows Server 2003がサポート終了となりました。サポートが終了したOSを使い続けることは大変危険です。

サポート終了による大きなリスク

Windows Updateができないため、セキュリティホールの穴埋めができなくなり、新型ウイルス感染も防ぎにくくなります。
ハードウェアが老朽化して、システムがダウンする危険が高まります。パーツ保守が終了してサーバーの修正ができないこともあります。

各システム・サービスのご紹介

お問い合わせ

製品、サービスの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる

ITインフラコラム

ページID:00114193