働き方改革関連法に基づく「SMILE V 人事給与 勤怠管理テンプレート」のご紹介[4分35秒]

動画提供:日通システム株式会社

再生時間:4分35秒
* この動画には音声が含まれます。再生時には音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調整してください。

働き方改革対応「SMILE V 人事給与 勤怠管理テンプレート」をご紹介します。

関連製品

動画サマリー

動画の要点をご紹介します。

近年、業務効率化・勤怠適正化など、働き方改革の対策は不可欠となりました。働き方改革の主な内容とはどのようなものなのでしょうか。

最も注目すべきなのは、残業時間の上限規制です。原則、月45時間、年360時間と定められました。また繁忙期等の特別な事情でも、青天井ではなく上限は年間で計720時間に規定され、違反した場合は罰則が科されることになりました。

残業抑制に伴い、残業時間が60時間を超えた場合に発生する50%の割増賃金率の猶予措置が廃止されます。

また有給休暇の年5日以上の取得も義務化となりました。

働き方改革に伴い、企業に求められることは以下のとおりです。

  • 労働時間の適正な把握
  • 残業時間の上限規制
  • 年次有給休暇取得状況の管理

これら全て、「SMILE V 人事給与 勤怠管理テンプレート」にて対応可能です。

日々の業務の流れは簡単です。タイムレコーダーで労働時間を記録。PCにて、確認・修正を行います。アラートチェックで勤怠チェックを行ったら、「SMILE V 人事給与」へデータ連携し、完了です。

日々の業務の流れを、もう少し詳しく見てみましょう。まずは労働時間の記録です。タイムカードの集計・入力によるお悩みも、打刻データの自動集計により、解決。打刻方法はICカードをワンタッチするだけで、労働時間を客観的に管理できます。

次に、PCにて確認・修正を行います。勤怠実績の漏れやミスによるお悩みも、一目で分かるエラー表示により解決。スケジュールとの比較により、自動でエラーが表示されます。

次に、複数のチェック機能を利用し、勤怠チェックを行います。複雑な残業管理や、有給休暇管理によるお悩みも、過重労働チェック機能で解決。月の途中でも残業が多い社員を抽出でき、残業時間の事前チェック・段階的チェックが可能です。

さらに、年次有給休暇の残数・付与・取得状況もチェック可能です。月締更新の際に自動付与もでき、年次有給休暇状況を可視化します。

最後に、「SMILE V 人事給与」へデータ連携します。月締め時の給与計算業務によるお悩みも、勤怠データをシームレスに連携し、自動集計するので、給与計算業務が削減されます。

「SMILE V 人事給与 勤怠管理テンプレート」では、社員マスターの二重管理・タイムカードの集計や給与システムへのデータ入力の作業は不要です。打刻データはいつでも取り込めるため、従業員の勤務状況をリアルタイムに把握できます。月の途中で過重労働のアラームチェックが可能になります。

「SMILE V」はこれからも、あらゆる企業に最適なシステムをご提供します。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00171032