ITインフラ活用術~サーバー強化がカギ[5分3秒]

再生時間:5分3秒 / (注)動画には音声が流れます。音量にご注意ください。

JavaScript がオフになっているか、古いバージョンの Adobe Flash Player を使用しています。 最新の Adobe Flash Player を入手してください。
IT環境の最適化に役立つ! 「ITライフサイクル」「サーバー導入のポイント」「大塚商会のワンストップサポート」を分かりやすくご紹介
企業の成長にとってITインフラの整備は必要不可欠です。特に、基幹業務のサーバーは、安全かつ効率的に使うことが求められます。この動画では、「ITのライフサイクル(寿命)」、「サーバー導入の3つのポイント」や、「大塚商会のワンストップサポートのメリット」についてご紹介しています。2015年7月のWindows Server 2003シリーズの延長サポート終了を控え、IT環境の最適化をお考えの方におすすめです。

動画サマリー

動画の要点をご紹介します。

企業の飛躍と発展にとって、ITインフラの最適化は重要です。サーバーや回線・データセンターとアプリケーションを組み合わせることで、外出先とオフィスがつながり、事業が広がり、企業の安心安全を確保できます。

サーバーやパソコンには寿命があります。OS・アプリケーション・ハードウェアにそれぞれライフサイクルがあり、2015年7月にはWindows Server 2003がサポート終了を迎えます。サポートが終了したシステムを利用することは、セキュリティリスクやハードウェアが修理できないなどの危険がともないますので、計画的な移行を心掛けましょう。

サーバー導入には3つのポイントがあります。「1.置き場所<自社内orデータセンター>:データセンターであれば、BCP対策として有効です。」「2.仮想化<サーバー統合>:複数台のサーバー統合や仮想化技術を利用した障害対策も実現します。」「3.回線<インターネット利用or閉域網>:用途に合った最適回線が選べます。」

大塚商会であれば「基幹アプリケーション」「サーバー」「データセンター」「セキュリティ」「回線」の構築からアフターサポートまでワンストップでご提供します。

関連動画

ページID:00102594