「Qlik Sense」で「SMILE」のデータをフル活用

What-Ifシミュレーション編[1分40秒]

動画提供:株式会社OSK

再生時間:1分40秒
* この動画には音声が含まれます。再生時には音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調整してください。

「What-Ifシミュレーション分析(商品別)」の詳細を動画でご紹介しています。実際の操作方法などをご確認いただけます。

関連製品

動画サマリー

動画の要点をご紹介します。

What-Ifシミュレーション分析では、売上単価、原単価、売上数量の変化による粗利のシミュレーションが行えます。本動画では、スーパーマーケットのお米販売を例にご説明します。

仮に水不足の影響でお米の仕入単価が130%に上昇した場合、粗利目標に届かないことが分かります。

当初の粗利目標を達成するには、販売単価の値上げを検討しなければなりません。そこで販売単価を110%に値上げした場合、当初の粗利目標を達成できることが分かります。

しかし、値上げの影響による買い控えも考慮しなければなりません。買い控えにより販売数が70%まで落ちこんだ場合、粗利目標には届きませんが、販売数が80%であれば粗利目標を達成できることが分かります。

このように、What-Ifシミュレーション分析は、粗利達成のために必要な売上単価、原単価、売上数量を求めることができ、価格改定や仕入管理に活用することができます。

関連動画

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00138217