SMILE V APIコネクト for 楽楽精算紹介動画[4分59秒]

再生時間:4分59秒
* この動画には音声が含まれます。再生時には音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調整してください。

経費精算クラウドサービス「楽楽精算」と基幹業務システム「SMILE V 会計」とをAPI連携でつなぎます。定期的に発生するデータ送受信業務が不要となるのに加え、作業漏れの防止にもなり、経理のご担当者様の業務効率向上を支援。
本動画では、実際の操作画面を用いて申請から承認、仕訳データの連携などをご確認いただけます。

関連製品

動画サマリー

動画の要点をご紹介します。

「SMILE V APIコネクト for 楽楽精算」は株式会社ラクスが提供するクラウド型経費精算システム「楽楽精算」と「SMILE V 会計」を自動連携させるAPI連携サービスです。

テレビCMで話題の「楽楽精算」を簡単にご紹介します。スマホやパソコン上でいつでも・どこでも、経費精算の申請から承認が可能になります。もちろん、振り込み用のファームバンキング用データまで作成できます。事務員の業務が削減でき、トータルで経費の削減になったという声をいただいています。

交通費・経費精算に関して、紙・Excelでの運用を止めたいなど、このような悩みを解決できるのが「楽楽精算」です。

実際の画面の動きをご紹介します。
スマホから申請を行ってみます。こちらが申請の入り口です。ログインによって、必要な申請だけ表示されるように、表示制限をすることもできます。

交通費を申請してみます。項目名や項目順は、変更も可能です。

明細を追加します。乗換案内を利用することができ、簡単に経路を検索することが可能です。定期区間は自動で控除されるようになっています。

交通機関を選択します。電車以外にも、さまざまな用意があります。選択した項目の裏に、科目や税区分が隠れており、こちらを選択することで、自動で仕訳ができるようになっています。

続いて、ICカードの履歴を取り込みます。取り込んだ明細から、必要な履歴だけを選択します。登録が終わったら、申請をタップします。

次は、承認者の処理です。承認者には、承認通知がメールで届くようになっています。承認待ちのところに申請が来ていますので、内容を確認します。

コメントを入力して、差し戻すことも可能です。今回は「承認する」をタップします。紙での運用と違い、承認が滞ることはありません。

続いて、経理担当の処理です。手順は、計上仕訳、支払確定、振込データ出力の三つです。

計上仕訳では、「検索」をクリックすると、承認済みの申請データだけが表示されます。作成される仕訳の確認画面が表示されますので、問題がなければ「確定」ボタンを押します。翌朝、自動的に「SMILE V 会計」に仕訳データが取り込まれます。

続いて、支払の処理です。振込元銀行と支払日を指定し、確定すると、振込データが作成可能になります。あとは、ファームバンキングデータを出力するだけです。同時に、支払仕訳もできています。計上仕訳と同様、「SMILE V 会計」に自動取り込みされます。

経理の担当者は、定期的に操作実行ログビューアーで取り込み状況の確認ができます。

連携した仕訳を確認してみましょう。このように、明細単位で仕訳が作成されます。「楽楽精算」との連携データであることが確認できます。

計上される仕訳は、交通費の発生日が伝票日付になります。

交通費や会議費など「楽楽精算」の経費申請の用途にひも付けられた科目に反映します。

例えば、部門別残高試算表で東京営業部の会議費が気になれば、ドリルダウンで明細まで確認できます。

導入後の月額コストは、このようになります。参考に100名で試算してみます。「楽楽精算」は一人あたり月額400円です。「SMILE V 会計」に自動連携させるために必要な月額必要を加算すると、一人あたり550円。150円アップで、このような便利な機能が利用可能になります。

経理部門の生産性向上の実現のために、「SMILE V APIコネクト for 楽楽精算」をぜひご検討ください。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00199802