株式会社東立製作所 お客様の声[3分40秒]

再生時間:3分40秒
* この動画には音声が含まれます。再生時には音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調整してください。

工程進捗状況の「見える化」を生産管理システムとハンディターミナルで実現。夜間の機械・設備稼働率も把握可能
埼玉県の合成樹脂部品メーカーである株式会社東立製作所は2010年に最新鋭の総合生産管理システム「生産革新 Raijin」を導入。ハンディターミナルとの組み合わせによって工程進捗状況や機械稼働率、製品在庫などの“見える化”を実現しました。

株式会社東立製作所の導入事例記事を見る

株式会社東立製作所が導入した製品詳細

動画サマリー

動画の要点をご紹介します。

株式会社東立製作所様は、埼玉県にあるプラスチック工業用製品製造業。

50年以上のノウハウと技術を持ち、医療機器、食品関連用部品で売り上げを伸ばしています。

受注形態がリピート品が約60%、試作品が約40%。そのため、量産と個別生産の両方に対応したハイブリッド型の「生産革新 Raijin」を導入されました。

工場での加工を終わると、その場でハンディターミナルで実績を入力。事務所の方では、何がどこまで終わっていて、何分かかっているかというのが、リアルタイムで見えるようになりました。また、ハンディターミナルで出荷処理業務を行い、出荷のミスも激減。さらに、在庫の狂いも解消されました。

「生産革新 Raijin」導入によって、思い通りのシステム運用ができるようになり、満足しています。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00128383