SMILE&eValueで法改正も万全! ~個人情報保護法改正編~[1分51秒]

再生時間:1分51秒 / * この動画には音声が含まれます。再生時には音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調整してください。

JavaScript がオフになっているか、古いバージョンの Adobe Flash Player を使用しています。
最新の Adobe Flash Player を入手してください。

2015年9月、改正個人情報保護法が成立しました。今回の改正のポイントは、保有する個人情報5,000件要件の撤廃です。一件でも個人情報があれば、個人情報取扱事業者としてさまざまな義務と責任を負わなければなりません。例えば、名刺情報をExcelで管理していませんか? 誰でも持ち出せる汎用ソフトでは、情報管理のリスクが高まります。そこで専門知識がなくてもオリジナルの業務アプリケーションを作成できる「SMILE BS 2nd Edition CRM QuickCreator」のデモンストレーションを動画でご紹介します。

関連製品詳細

動画サマリー

動画の要点をご紹介します。

今回の改正個人情報保護法のポイントは、保有する個人情報5,000件要件の撤廃です。つまり一件でも個人情報があれば、個人情報取扱事業者としてさまざまな義務と責任を負わなければなりません。

例えば、名刺情報をExcelで管理していませんか? 誰でも持ち出せる汎用ソフトでは情報管理のリスクが高まります。

そこでご紹介したいのが、「SMILE BS 2nd Edition CRM QuickCreator」です。こちらを利用することで専門知識がなくても、ドラッグ&ドロップでオリジナルの業務アプリケーションを簡単に作成することができます。

また、Excelの顧客リストを元に画面を設計することもできます。

Excelから読み込んだ項目は、パーツとして表示され、それをドラッグ&ドロップするだけで画面を作成することが可能です。

また、パスワードによるアクセス制限や、ログ管理機能も備えていますので、よりセキュアな環境で個人情報の管理が可能です。

「SMILE BS 2nd Edition CRM QuickCreator」では、サンプルのひな形を各種ご用意しています。「SMILE」のサポートページからダウンロードができますので、ぜひご利用ください。

ページID:00111442