SMILE&eValueで法改正も万全! ~消費税率変更編~[2分12秒]

再生時間:2分12秒 / * この動画には音声が含まれます。再生時には音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調整してください。

JavaScript がオフになっているか、古いバージョンの Adobe Flash Player を使用しています。
最新の Adobe Flash Player を入手してください。

平成31年(2019年)10月1日から消費税は10%へ引き上げられ、同時に軽減税率も導入予定です。「SMILE BS 2nd Edition 販売」「 SMILE BS 2nd Edition 会計」では、複数税率の混在に備え、いち早く既に対応しています。その一例のデモンストレーションを動画でご紹介します。

* 2016年2月時点の動画のため、動画内では2017年4月に10%へ引き上げられると解説しています。

関連製品詳細

動画サマリー

動画の要点をご紹介します。

2016年2月現在では、来年の4月1日から消費税を10%に引き上げ、同時に軽減税率の導入も予定されています。

「SMILE BS 2nd Edition」シリーズの販売管理・会計管理は、複数税率の混在に備えて、いち早く対応しています。

こちらは「SMILE BS 2nd Edition 販売」の入力画面です。伝票入力の日付を10%増税後の日付に変更すると消費税が10%に自動的に切り替わります。

そして、増税後の日付で8%(旧税率)を採用していると、警告メッセージを出して税率に間違いがないかを教えてくれます。

また、商品ごとに税率を複数設定することができますので、軽減税率が施行されても安心です。

さらに、「SMILE BS 2nd Edition 販売」は、軽減税率で義務づけられるインボイス方式にも対応予定です。

請求書を発行する際は商品ごとの適用税率と税額とを自動で記載しますので、業務の煩雑さを軽減し、正確な請求処理が行えます。

ページID:00115145