ITインフラ冗長化

ITにおける冗長化とは、多めに設備を用意しておき、一部の設備が故障してもサービスを存続して提供できるようにシステムを構築することをいいます。冗長化が行われているシステムは、複数の設備がほぼ同時に故障しない限りサービスが停止しないため、冗長化しない場合に比べて停止率が大幅に下がるというメリットがあります。

サーバー環境を組み合わせて強固に

サーバーはシステム全体を支える大切な「要」です。大塚商会では、オンプレミス(自社内設置)・データセンター(ハウジング)・クラウドサービスを組み合わせたハイブリッド構成を“サポート付き”でご提供します。

  • オンプレミス(自社内設置)

    ・用途に合わせてサーバー選択
    ・重要データも自社内で安心
    ・回線に左右されず優れたメンテナンス性

  • データセンター(ハウジング)

    ・堅牢・安心・安全
    ・24時間365日監視
    ・電気代の削減

  • クラウドサービス(Webサービス)

    ・スモールスタートを実現
    ・サーバー機器購入の必要なし
    ・用途ごとにサービスを選択

サーバー災害・障害対策

災害・障害に強い基幹業務サーバーが構築できます。仮想サーバー上のゲストOS、「SMILE」データベース、プログラムを丸ごと別の仮想サーバーにレプリカ(複製)する技術で、災害・障害時も僅かなダウンタイムで基幹業務システム「SMILE」の継続利用が可能となります。BCP(事業継続計画)の一環として有効です。

ポイント

バックアップと複製の違い

  • バックアップ
    データのみのほか、OS・アプリケーション・データを丸ごとバックアップできる仕組みも提供されています。いずれもバックアップ媒体から、元のハードウェアもしくは別途用意したハードウェアへのリストア作業を行います。データの一部復元や、ある特定の状態を保存する場合はおすすめです。
  • 複製(レプリケーション)
    複製(レプリケーション)とはシステム環境やデータファイルを全く同じ状態で別のコンピューター上に作成し、常に内容を同じにする手法です。サーバーの障害発生時の業務継続目的には、レプリケーション運用がおすすめです。
  • 世代管理バックアップ
    世代管理とは、最新のバックアップデータに復元するだけでなく、その前の時点にでも復元できるように管理することです。複数世代を保護しておけばウイルスが感染する前のデータに戻すことができるなどのメリットがありますが、保存するデータ容量が多いため、サーバー容量がすぐに不足してしまうなどの課題があります。

冗長化・重複排除バックアップを標準装備「Essentials α」

大塚商会オリジナルの「Essentials α サーバー冗長パック」は、複製(レプリケーション)機能とファイルの重複排除バックアップ・世代管理バックアップを標準搭載しており、サーバー障害時には複製先に切り替えるだけで基幹業務システム「SMILE」を継続して利用することができます。もしくは世代管理したバックアップデータからのリストアも可能です。

検証済みの構成、設定で導入しやすく、導入後も障害の監視・復旧支援の保守サポートをご用意しています。

Essentials α サーバー冗長パックの詳細を見る

Hyper-V レプリカ

Windows Server 2012 R2の標準機能「Hyper-V レプリカ」を利用し、データセンターなどの遠隔地や、敷地内の別の場所へゲストOSを複製(レプリカ)します。万が一の災害や障害時に、レプリカ側にあるシステムへ切り替えることで、業務の継続が可能です。

Hyper-V レプリカの詳細を見る

クラウドを利用したリーズナブルな災害対策「Azureサイトリカバリーサービス」

マイクロソフト社のクラウドサービス「Azure Site Recovery」を利用した災害対策・事業継続のための運用支援サービスをご用意しています。お客様環境にあるサーバーの複製、有事の際の切り替え、復旧時の切り戻しまでフルマネージドでサポートします。

*本サービスは、災害・火災のみに限定したサービスです。

Azureサイトリカバリーサービスの詳細を見る

クラウド・データセンター活用

サーバーの選択肢として、クラウド・データセンターは欠かせない時代です。コストや管理負担の軽減・災害対策などで有効なサービスをご紹介します。

サーバー一台から始められるハウジング

BCP対策でサーバーを社外に置くことを検討する企業は多いものの、従来のハウジングサービスは高額になりがちです。大塚商会の2Uハウジングサービスなら、共有ラックを使いサーバー一台から、あるいは仮想化されたサーバーからアウトソーシングできるので、リーズナブルに利用することができます。サーバーの管理や万が一のときの復旧作業は、たよれーるマネジメントサービスセンターにお任せください。

2Uハウジングサービスの詳細を見る

フルサポートつきAzure「AzureゲストOSレンタルサービス」

「AzureゲストOSレンタルサービス」は、Microsoft Azure(注)上のWindows Serverと、このサーバーに対する各種運用支援サービスを提供する、大塚商会のオリジナルパックです。

(注) Microsoft Azureとは…マイクロソフト社が提供するクラウドサービスで、サーバーやプラットフォーム、アプリケーション等各種サービスを提供します。日本では東日本と西日本の2つのデータセンター(リージョン)でサービスが提供されています。

お問い合わせ

製品、サービスの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる

ネットワークの運用管理

社内ネットワーク経路を複数用意してネットワークのダウンに備える社内ネットワークの冗長化も、安定した基幹業務システム利用のうえで重要な対策です。しかし運用する機器が多様なため、社内にネットワーク管理者がいない・機器によって問い合わせ先が異なるなど、問題が発生した場合は解決までに時間と手間がかかってしまいます。

例えば「通信速度が最近遅いが原因が分からない」「増え続ける社用端末の管理に手が回らない」「ファイアウォール・Wi-Fi・スイッチの設定変更をしたいがやり方が分からない」などのお困りごとはありませんか? そのようなお困りごとに対して、大塚商会が実現する安心・安全なネットワーク管理のサービスをご紹介します。

「たよれーる らくらくネットワークシリーズ」で解決

ネットワーク機器(無線LAN、ファイアウォール、スイッチ)の運用管理全てを大塚商会にて実施いたします。お客様のお手を煩わせません。また万が一の機器故障時にも代替機をお持ちし、お客様先へ駆けつけます。

端末のデータ通信状況を可視化

接続している端末が利用しているアプリケーションやデータ通信料を、リアルタイムに可視化することができます。どの端末がどれくらいネットワークを使用しているのかが把握でき、特定の端末が動画サイトを利用することで回線を圧迫しているなどの場合に、リモート設定変更でその端末の動画サイト利用を制御することもできます。

面倒な管理・運用はおまかせ

社内にネットワーク管理者がいない、機器によって問い合わせ先が異なるなど、問題が発生した場合は解決までに時間と手間がかかりがちです。大塚商会なら、24時間365日お客様のネットワーク機器を監視・管理し、窓口一つで設定変更からトラブル処理まで迅速に対応します。

万全のセキュリティ対策

ネットワーク脅威へのセキュリティ対策は欠かすことができません。大塚商会ならネットワークのセキュリティ対策もお任せいただけます。外部からの攻撃をブロックするファイアウォールや、ネットワーク接続を制御するスイッチ、Wi-Fiなど多角的に不正侵入を防御。安心・安全の環境でご利用いただくことができます。

*冗長化構成もご提案可能です。
<例>ファイアウォールを一拠点に二つずつご用意いただき、NTTフレッツとauひかりでアクティブスタンバイ

たよれーるらくらくネットワークシリーズの詳細を見る

VPN回線活用

拠点間の安全なネットワークを構築するには、VPNサービスの利用がおすすめです。拠点間に実際に自社専用のネットワークを作るのではなく、VPNサービスを利用して各キャリアのネットワークを仮想的に自社専用線のように使用することで、コストを抑えつつ高度なセキュリティのネットワークで拠点間をつなぐことができます。また、異なるキャリアを組み合わせた冗長構成が障害対策に有効です。

「VPNのスピードをもっと速めたい」「キャリアで障害や遅延が発生したら全拠点のWANに影響が出る」「基幹業務系には帯域保証型、情報系にはスピード重視型などネットワークの用途に合わせた回線を選択したい」といったお悩み・ご要望をお持ちのお客様におすすめのサービスをご紹介します。

VPNサービス「O-CNET」

「O-CNET」は環境や利用形態に合わせて、クローズド網のセキュリティが高いネットワークを提供します。各通信事業者・サービスの特徴を活かした複合提案も可能です。もちろん手配から請求・保守対応まで大塚商会がワンストップでサポートいたします。

O-CNETの詳細を見る

閉域網で安全が確保されたネット環境とクラウド化を実現「どこでもコネクトライン:クローズド網タイプ」

「どこでもコネクトライン:クローズド網タイプ」は閉域網で大塚商会データセンターに接続します。「2Uハウジングサービス」などのサーバーアウトソーシングサービスを手軽に導入していただくことができます。複数拠点を接続すれば拠点間VPN回線としての利用も可能です。インターネット接続は、データセンターの高機能なファイアウォールを経由して安心・安全に接続されます。

どこでもコネクトライン:クローズド網タイプの詳細を見る

お問い合わせ

製品、サービスの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる

ITインフラコラム

ページID:00115956