製品、サービスに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・問い合わせる

ApaRevo 活用コラム

パッケージソフトはできるだけカスタマイズしない

「パッケージソフトをできるだけカスタマイズしないで導入する」こんな言葉を耳にしたことがあると思います。しかし、それでもカスタマイズをして失敗するケースもあるのが現実です。

このカスタマイズに価値があるのか

株式会社大塚商会
首都圏ソリューショングループ
アパレル/ライフデザインSPソリューション課
森 浩和

「パッケージソフトをできるだけカスタマイズしないで導入する」

こんな言葉を耳にしたことがあると思います。しかし、それでもカスタマイズをして失敗するケースもあるのが現実です。

「標準機能が使えればいいのですよ。業界のベストプラクティスが実装されているのでしょう」、「早期に導入する必要があるので、できるだけカスタマイズしません」、システムを選定するときによく耳にする言葉です。スクラッチではなくパッケージソフトを選んだということは、「必要機能が実装されている点を評価した」ということであると思います。

ところが、プロジェクトを進めていくと「ここはカスタマイズが必要です」という話が必ずと言っていいほど出てきます。「うちのやり方と合わない」「現場が困ると言っている」など、その理由はさまざまですが、特定の人の視点で語っているケースが多いように思います。こういった場合、もともとは標準機能をベースに導入スケジュールが立てられていますので、カスタマイズの作業が増えた分、納期が予定より遅れることになります。作業が増えれば、追加の投資が必要になり稟議(りんぎ)を通すとか、いろいろな作業が増えてきます。複雑なカスタマイズだと不具合が発生する確率も高まります。不具合が出れば、調査や改修に時間がかかり、さらにスケジュールが遅延することになります。

また、「どこをカスタマイズするか」という検討に多くの時間が費やされることもポイントです。これもスケジュールの遅延につながり、結果、「一から開発しなくていい、早期に導入できる」というパッケージソフト最大の利点が実現できず、いつまでたってもプロジェクトが完了しないという悪循環に陥りがちです。

そして、ようやくリリースにこぎつけても、ユーザーの「これでは使えない」の一言でお蔵入りしてしまったら目も当てられません。

外部コンサルがRFPを作成し製品を選定、システム部門が主幹して導入、運用は現場、と各フェーズで関係者が異なるのはよくありますが、システム部門が自分たちの視点でカスタマイズしてしまうことで、現場の利便性を損ね、そもそも考慮されるべき要件が抜けていることがあります。結果、「これでは使えない」ということで使われずお蔵入りになってしまうのです。

だいたい以下のようなことがカスタマイズによる弊害につながるケースが多いと感じます。

 
  • 現在と同じやり方にこだわりすぎる
  • パッケージソフトがもたらす効果と異なった方向性を優先する
  • 導入の主目的と異なる現場の意向を優先する

パッケージソフトは特定の目的に対して最大の効果を発揮できるように実装されています。また、さまざまな企業に受け入れられるように、汎用性が高いのも特徴です。本来の目的から逸れていくほど、パッケージソフトは扱いづらいものになります。自社の現状に合わせてカスタマイズしたい意向も分かりますが、ほどほどにとどめておくべきです。パッケージソフトの導入は、自社の現状を変えないためではなく、変えることが前提であることを忘れてしまっては本末転倒ではないでしょうか。

 

社内のさまざまな意見を踏まえカスタマイズ要件を整理することが重要ですが、遅々として進まないこともあると思います。そのような場合、シンプルに判断するのはいかがでしょうか。

“このカスタマイズに価値があるのか”

このカスタマイズは、経営者にとって価値があるかです。すなわち投資に対するリターンがあるかです。投資に対するリターンに寄与しないカスタマイズ要件を排除するのはいかがでしょうか。これはいわば普遍的な判断基準と言え、誰もが反論しにくい判断基準と言えるのではないでしょうか。

[SE]2020年5月12日

ApaRevo 活用コラムトップ

「ApaRevo」カタログダウンロード

「ApaRevo」の概要をすぐにつかんでいただけるようPDFカタログをご用意しています。無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。

ダウンロード資料:PDF・12ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

「ApaRevo」に関して、「どれくらいで導入できるの?」「今使っているシステムよりよくなる?」など気になる点はございませんか? 資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

パッケージシステムが稼働しない?

パッケージシステム導入で失敗した経験をお持ちの方へ

ページID:00191747