製品、サービスに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・問い合わせる

プロジェクト原価管理システム

コストマネージャー

 

プロジェクトごとに発生した原価を一元管理

「コストマネージャー」は、発注・予算・支払・請求・原価管理までトータルにサポートするプロジェクト原価管理システムです。プロジェクトごとに発生した原価(材料費、労務費、外注費、経費など)を一元管理します。プロジェクト別の原価を把握することができますので、請負契約に基づき一括して業務(プロジェクト)を請け負う形態をとっている企業に適しています。

JavaScript がオフになっているか、古いバージョンの Adobe Flash Player を使用しています。
最新の Adobe Flash Player を入手してください。

再生時間:5分2秒(注)動画には音声が流れます。音量にご注意ください。

最新情報

標準機能を大幅に強化したsuiteモデル 新登場!

こんなお客様におすすめです

業種
建設業、サービス業
規模
中小・中堅規模
キーワード
プロジェクト原価 / 個別原価

特長

プロジェクト担当者、経理担当者を支援する、個別原価管理システム

各プロジェクトで発生した原価データをさまざまな角度から把握

各プロジェクトで発生した原価は、要素細目別や作業工程別など、さまざまな角度から分析することができます。各プロジェクトの収支状況を可視化し、タイムリーで正確なプロジェクト原価管理を支援します。

請求・入金業務、支払業務の効率化を支援

請求入力の内容に基づいて請求書を発行、入金予定表も出力可能です。原価(債務)データをもとに、決定通知書兼支払明細書や振込依頼データの作成が行えます。

注文書発行から原価の予実績把握までを一元管理

プロジェクト、仕入先ごとに入力した発注伝票をもとに発注管理諸表や注文書を作成します。 また、発注残も管理できますので、発生原価に発注残を含めた見込原価との予実績管理を実現します。

システム概要図

コストマネージャー:フロー図

製品詳細情報

動作環境

クライアントWindows 10 / Windows 8.1 / Windows 7
サーバーWindows Server 2012 R2 / Windows Server 2012 / Windows Server 2008 R2 / Windows Server 2008
データベースSQL Server 2014 / SQL Server 2012 / SQL Server 2008 R2 / SQL Server 2008 / Oracle 12c / Oracle 11g R2

導入事例

「コストマネージャー」を導入した事例をご紹介します。

動画

「コストマネージャー」の機能のポイントを動画でご紹介します。

製品担当者の声

工期途中で原価を見直せる仕組みが求められます

株式会社大塚商会 業種SIプロモーション部 建設担当:荒井 一人

建設原価の管理は、会社によってさまざまです。専門のシステムで行う会社もあれば、Excelなどで行う会社もあります。トレンドとしては、工期途中の段階で手が打てる管理が重要視されています。

業者からの請求書による原価入力では遅いので、発注段階での管理を要望されるお客様が大半です。しかしその場合、会社の仕組みを変える必要もあり、実現までは各部署の調整が必要になります。この機会に、原価管理ともども仕組みを見直してみてはいかがでしょうか?

「コストマネージャー」カタログダウンロード

「コストマネージャー」の概要をすぐにつかんでいただけるようPDFカタログをご用意しています。無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。

ダウンロード資料:PDF・12ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

「コストマネージャー」に関して、「どれくらいで導入できるの?」「今使っているシステムよりよくなる?」など気になる点はございませんか? 資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

あなたが最近見た製品・システム

ページID:00119260