製品、サービスに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・問い合わせる

文書管理システム

eValue NS 2nd Edition ドキュメント管理 国税関係書類の電子化

 

電子帳簿保存法の改正により、国税関係書類のスキャナ保存要件が緩和されました。「eValue NS ドキュメント管理」の「タイムスタンプオプション」なら、スキャン登録した証憑類へのタイムスタンプ付与、タイムスタンプの一括検証などが低コストで行えます。「eValue NS ドキュメント管理」の検索機能や版管理機能とあわせて、証憑類の電子化による業務効率化、コスト削減に貢献します。

スキャナ保存の流れ

取引先から受領した紙の請求書や領収書等の証憑類を、複合機やスキャナ専用機でスキャンしたり、 スマートフォン等のカメラで撮影し「eValue NS ドキュメント管理」に登録します。

画像情報取得・タイムスタンプ付与

証憑類保存用フォルダーにスキャンデータ(PDFファイル)が登録されると、解像度・階調・大きさ情報が保存され、タイムスタンプが自動付与されます。

タイムスタンプの一括検証

登録先フォルダーや登録日などで、検証対象とするタイムスタンプ付きPDFを検索し、保存後に改ざんされていないか一括で検証できます。その結果をCSV出力することも可能です。

証憑の訂正・削除履歴管理

  • 版管理機能で証憑の訂正履歴を管理できます。
  • 削除した証憑ファイルは、専用のごみ箱フォルダーで保持されます。
    ごみ箱フォルダー内の検索、閲覧も可能です。

* 国税関係書類のスキャナ保存要件に対応するためには、「eValue NS」の機能を利用して、どのように運用するかをはじめ、納税者様ご自身が電子帳簿保存法、施行規則、取扱通達、国税庁のQ&Aを正しく理解したうえで、システム関係書類の備付、事務処理規程の備付などを検討していただく必要がありますので、ご注意ください。

動画で分かる 国税関連書類の電子化

「eValue NS 2nd Edition ドキュメント管理」カタログダウンロード

「eValue NS 2nd Edition ドキュメント管理」の概要をすぐにつかんでいただけるようPDFカタログをご用意しています。無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。

ダウンロード資料:PDF・32ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

「eValue NS 2nd Edition ドキュメント管理」に関して、「どれくらいで導入できるの?」「今使っているシステムよりよくなる?」など気になる点はございませんか? 資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

あなたが最近見た製品・システム

ページID:00120552