製品、サービスに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・問い合わせる

導入メリットや人事評価システムとの違いを分かりやすく解説

タレントマネジメントシステムとは

タレントマネジメントシステムは、人材に関するデータ分析を多面的に行い、社内の人材情報を可視化して最適な人材配置や教育・採用計画を支援するシステムです。年功序列や終身雇用制度の見直し、労働に対する意識変化など働き方改革が推進される中、従来のマネジメントシステムがそぐわなくなり、注目を集めています。

タレントマネジメントとは

タレントマネジメントとは、「タレント(従業員)」の持っているスキルや能力を最大限活かすため、戦略的な人材配置や育成等を行う人事マネジメントのことを指します。タレントマネジメントの一番の目標は、「リーダー候補の育成」といえます。企業が最も重視したい「リーダー候補の育成」を早期から行うことで、経営者目線を持つリーダー人材を育てることが可能となります。

タレントマネジメントが注目される背景

価値観の多様化

「人材=企業組織の歯車」という考え方から、一人一人の仕事に対するやりがいや、仕事の社会的意義を大切にする人が増えてきました。また、家庭やプライベートを大切にするため、時短勤務や地域限定、在宅勤務など多彩な働き方を選択することにより「ワークライフバランス」の実現を重視している人が増えています。

経営戦略の変化

テクノロジーの急速な進化によって、事業の変化もスピーディーになり、そのうえ正確な予測が困難になってきています。それに合わせて、人材を適材適所に配置するために、人材の能力を把握・管理する必要性が生じています。

労働市場の変化

労働者の流動化や人口減少などによって、採用は年々厳しさを増しています。そのため、人材それぞれの持つポテンシャルを最大限に活用することが求められるようになりました。適切かつ効果的な教育と人材配置をすることで、タレント本人のモチベーションを高め、定着率を高めるという効果も期待できます。

タレントマネジメントシステムについて

導入のメリット

  • 個人の才能、能力、スキルなどのデータから客観評価された最適な配置を行うことで、離職防止につながります。労働人口減少時代において離職者を少なくすることは、企業活動の重要課題と位置づけられています。
  • さまざまな社員情報(基礎情報、人事考課シート、研修履歴、表彰履歴、勤怠情報など)がExcelやWordなどで散乱している情報を一元的な管理に集約します。
  • タレントマネジメントをリーダー育成に活用する企業も多く、将来にわたって会社を牽引していくリーダー候補に絞って教育・育成を行えます。

人事評価システムとの違い

企業における人事評価の最終目的は、給与や賞与の金額を決定することです。社員に支払う給与や賞与の金額(原資と呼ばれる総額)は会社で設定されており、人事評価でいう公平性や客観性は、あくまでも相対評価の枠組みの中に限定されます。
一方タレントマネジメントの目的は個々の社員のタレント(スキル)の把握と向上とがゴールになり、その評価基準は人事評価のような相対評価ではなく、絶対評価となります。
人事評価システムはAさん、Bさん、Cさんを想定し順番を付けるためのシステム。一方でタレントマネジメントは、基準(Java3年以上など)に到達しているのかという絶対評価で個人のキャラクター(タレント)を測るシステムといえます。

おすすめのタレントマネジメントシステム

「Gemini」は人材情報が各システムに散在している環境において情報を集約し、さまざまな分析を可能とした、経営、人事、事業責任者、管理者向けのシステムです。ご要望に応じたカスタマイズが可能で、企業ごとのオリジナルのタレントマネジメントシステムをお作りします。

タレントマネジメントシステム「Gemini」の詳細を見る

お問い合わせ・ご依頼はこちら

「Gemini」に関して、「どれくらいで導入できるの?」「今使っているシステムよりよくなる?」など気になる点はございませんか? 資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

パッケージシステムが稼働しない?

パッケージシステム導入で失敗した経験をお持ちの方へ

ページID:00191561