ここから本文です。

最強タッグで 最高の効率を システム連携で、つながる強さを実感

基幹系 SMILEシリーズ 情報系システム eValueNS

業務の一層の効率化と情報の活用推進に向け、基幹系システムと情報系システムとの連携が求められています。株式会社OSK(株式会社大塚商会連結子会社)は、基幹系システム「SMILE」と情報系システム「eValue」の両製品を開発する日本でも数少ないソフトメーカー。この利点を最大限に活用し、基幹系システムと情報系システムとのシームレスな連携を実現させ、業務の効率化や内部統制に必要な機能を提供します。

SMILE&eValueシリーズ連携の全体像

基幹系システムと情報系システムとの相互の情報活用を推進

各モジュールごとに複合的に組み合わせて活用することで、基幹系と情報系との相互情報活用を推進します。

基幹系システムと情報系システムとの相互の情報活用を推進

SMILEシリーズ&eValueNSシリーズ連携のご紹介

基幹業務システムとワークフロー申請・承認機能連携

 1 経費申請承認(SMILE 会計&eValue NS ワークフロー)

小口旅費精算、出張旅費精算などの申請・承認をeValue NS ワークフローで行い、承認済みデータから簡単にSMILE会計システム用のデータを作成することができます。出張申請の場合、最終承認後にeValue NS スケジューラへ出張予定を自動登録することも可能です(Exchange連携版を除く)。

1経費申請承認(SMILE 会計&eValue NS ワークフロー)

BS経費精算テンプレート

eValue NS 2nd Edition ワークフロー BS経費精算テンプレート

eValue NS 2nd Edition ワークフロー BS経費精算テンプレート

eValue NS ワークフローで起票した経費精算をSMILE BS 会計へ仕訳連携を行うシステムについて、より詳細にご案内しています。

 2 出張手配サービステンプレート(SMILE 会計&eValue NS ワークフロー)

eValue NS ワークフローと各種サービス※との連携により、出張時の予約手配から出張申請・精算までを効率化します。また、不正な出張のチェックや利用実費の制限などが行えるため、出張コスト削減を実現します。「経費申請承認」同様、SMILE 会計とも連携が可能で、正確な会計処理が実現できます。
※別途ご契約により、株式会社リクルートホールディングスの「じゃらんコーポレートサービス」、または株式会社JTBコーポレートソリューションズの「出張手配ASPサービス」と連携可能です。

2出張手配サービステンプレート(SMILE 会計&eValue NS ワークフロー)

出張手配サービステンプレート

eValue NS 2nd Edition ワークフロー出張手配サービステンプレート

eValue NS 2nd Edition ワークフロー
出張手配サービステンプレート

出張時の各種予約手配から、精算の申請・承認がスムーズに行えるシステムです。チケット手配サービスとの連携で出張費の削減・業務負荷の軽減・出張の見える化を支援します。

3 マイナンバー取得(SMILE 人事給与&eValue NS ワークフロー)

従業員に利用目的を明示したうえで、「eValue NS ワークフロー」の仕組みを利用して厳格な本人確認のプロセスを踏み、マイナンバーを取得することが可能です。「SMILE 人事給与」と組み合わせることで、マイナンバーの収集から利用まで一連の流れでご活用いただけます。

3 マイナンバー取得(SMILE 人事給与&eValue NS ワークフロー)

マイナンバーテンプレート

eValue NS 2nd Edition ワークフロー マイナンバーテンプレート

マイナンバーテンプレート for WF

「eValue NS 2nd Edition ワークフロー」に「マイナンバーテンプレート for WF」を追加すれば、厳格な本人確認のプロセスを踏み、個人番号をスムーズに収集することができます。個人番号は暗号化して管理され、マイナンバー取扱い担当者以外には個人番号を見せないため、安心して運用することができます。また、収集した個人番号は「SMILE 人事給与」で利用します。
*「SMILE 人事給与」以外で個人番号を利用する場合は、カスタマイズ(有償)が必要です。

 3 人事諸届申請承認(SMILE 人事給与&eValue NS ワークフロー)

住所変更や資格取得など、社員が届け出る人事情報の変更について、eValue NS ワークフローで承認されたもののみをSMILE 人事給与に反映します。正確かつスピーディーな処理で、人事情報を最新に保てます。

3人事諸届申請承認(SMILE 人事給与&eValue NS ワークフロー)

BS人事諸届テンプレート

eValue NS 2nd Edition ワークフロー BS人事諸届テンプレート

eValue NS 2nd Edition ワークフロー BS人事諸届テンプレート

eValue NS ワークフローで起票した人事情報に関わる申請をSMILE BS 人事給与へ連携を行うシステムについて、より詳細にご案内しています。

 4 勤務報告テンプレート(SMILE 人事給与&eValue NS ワークフロー)

残業・休暇などの就業関連の事前・事後申請、上長による月次の勤務状況の確認などにより、就業者の勤務管理が行えます。SMILE 人事給与などの給与システムに出退勤データを反映することにより、効率的で正確な給与計算も可能です。

4勤務報告テンプレート(SMILE 人事給与&eValue NS ワークフロー)

勤務報告テンプレート

eValue NS 2nd Edition ワークフロー 勤務報告テンプレート

eValue NS 2nd Edition ワークフロー 勤務報告テンプレート

社員が就業関連の電子申請を起票し、上長による確認を経て給与システムにデータ連携を行うワークフローシステムの詳細をご紹介します。

 5 伝票申請承認(SMILE 販売・会計&eValue NS ワークフロー)

SMILE 販売・会計の各処理で入力した伝票を、eValue NS ワークフローで申請・承認できます。承認されるまでは仮伝票扱いとなり、承認されることで伝票が確定します。伝票金額が100万円未満の申請は部長決裁で良いが、100万円以上になる申請は社長の決裁までが必要といった設定も可能です。

5伝票申請承認(SMILE 販売・会計&eValue NS ワークフロー)

連携操作イメージのご紹介

SMILE BS 販売&eValue NS ワークフロー連携デモツール

SMILE BS 販売&eValue NS ワークフロー連携デモツール

実際の画面を見ながら、連携の動きやポイントをデモンストレーション方式でご紹介します。導入前に、実際の使用イメージをご体感ください。
*デモ画面は、専用の画面が立ち上がります。

 6 マスター申請承認(SMILE 販売・会計&eValue NS ワークフロー)

SMILEの得意先やプロジェクトなどのマスターの登録・修正・削除をeValue NS ワークフローと連携して行うことができます。申請・承認業務を電子的に決裁することができるため、内部統制機能における「入力内容の正当化」を保証することが期待できます。

6マスター申請承認(SMILE 販売・会計&eValue NS ワークフロー)

連携操作イメージのご紹介

SMILE BS 販売&eValue NS ワークフロー連携デモツール

SMILE BS 販売&eValue NS ワークフロー連携デモツール

実際の画面を見ながら、連携の動きやポイントをデモンストレーション方式でご紹介します。導入前に、実際の使用イメージをご体感ください。
*デモ画面は、専用の画面が立ち上がります。

基幹業務システムとドキュメント管理連携

関連データ一元管理(SMILEシリーズ&eValue NS ドキュメント管理)

仕訳伝票と証憑(領収書、請求書)、得意先やプロジェクトと図面・写真など、「SMILE 会計」のデータと「eValue NS ドキュメント管理」上のファイルを関連付けて効率的に管理できます。大事なドキュメントデータをセキュアに守りつつ、情報共有が図れます。

各種マスターデータと文書の関連付け

SMILE 販売・会計・人事給与・CTI・CRMの得意先や仕入先、商品などの各種マスターデータと、eValue NS ドキュメント管理の関連文書をリンクすることができます。マスターデータに関連するファイルをeValue NSで一元管理でき、またSMILEを使用しないメンバーとのeValue NSを介した情報共有を促進します。

関連データ一元管理(SMILEシリーズ&eValue NS ドキュメント管理)

連携操作イメージのご紹介

SMILE BS 販売&eValue NS ワークフロー連携デモツール

SMILE BS 販売&eValue NS ドキュメント管理連携デモツール

実際の画面を見ながら、連携の動きやポイントをデモンストレーション方式でご紹介します。導入前に、実際の使用イメージをご体感ください。
*デモ画面は、専用の画面が立ち上がります。

仕訳伝票と電子保存した証憑の関連付け

「SMILE 会計」で登録した「仕訳伝票」と「eValue NS ドキュメント管理」で登録した請求書や領収書などの「証憑」を関連付けることにより、電子保存した証憑を効率的に管理することができます。

情報系システムと開発ツール連携

データ有効活用(SMILE CAB&eValue NSシリーズ)

SMILE CABは、データの集計や加工で威力を発揮する強力な開発ツールです。eValue NSのデータを参照してオリジナル帳票を出力する、SMILEシリーズのデータをeValue NSのポータル上へ表示する、eValue NS ワークフローを利用してSMILE CABで作成したマスターや伝票の登録時に申請・承認機能を付与するなど、幅広い用途に活用いただけます。

各種実績表のポータル連携

SMILEシリーズのデータをSMILE CAB上で集計し、Excel出力した結果をeValue NSのポータル上に表示できるため、社内での情報共有化が図れます。特定の役員や部門だけに公開したり、外出先でモバイルから参照したりといったことも可能です。

ポータル画面

小口旅費集計

eValue NS ワークフローの小口・旅費申請の実績データをSMILE CABに取り込み、個人別や用途別に集計を行うことができます。経費削減のための分析に役立てることができます。

小口旅費申請

小口旅費集計表

ここまで本文です。