第1回 通販ビジネスの現場

成長市場である通販ビジネスと海外ビジネスを専門とする船井総研唯一のグループから、今回は通販ビジネスの現場情報をご紹介します。

■一億総通販時代へ突入
通販、特にネット通販は成長市場といわれており、年間10%くらいの成長を続けている日本で数少ない有望マーケットであるのは事実です。
そのため、大企業も個人も、だれもかれもが通販・ECビジネスへ参入しています。
いわゆる一億総通販時代への突入です。
しかし、市場を注意深く見ると、カテゴリによっては、既に成長が止まっているマーケットも数多く存在しており、商売として安定した成長と利益を上げていくのが年々難しくなっています。

■競争が激化している通販・EC事業で成功するためには?
我々が400社以上の実績から、成功するポイントは二つあると判断します。
一つめは、通販・EC市場で求められている商品&サービスは何かを把握すること。
この部分を明確にすることが最も重要と考えます。
ネットでの判断は、ヤフーとグーグルでの該当するワードの「検索回数」になります。

月間検索数は、個人向けビジネスの場合は3,000件以上、法人向けならば、500件以上が一つの基準となります。これよりも少ない場合は、ネットでのマーケットが望めない可能性が高いです。

もう一つは、狙っているワードを活用している競合他社の状況も大切です。
競合の月間売上、ブランド力、商品&サービス構成、コンテンツ、プロモーション、サイト展開をしっかりと調査し、それに勝てるまでこちらのビジネスを高めていくのです。

システムやサイトデザインの細かい話をする前に、この二つをしっかりと準備&展開すれば、競合が激しい通販・ECマーケットでも高い確率で成功することができるでしょう。

次回は4月1日(月)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント

萱沼 真吾

通販・Webビジネスで200社以上の経験、数多くの業界No.1企業を立ち上げたトップコンサル。海外ビジネスについても数多くの実績であり、特に「中国&タイ」「DM通販・Web通販・TV通販」で世界でも独自のルートを開拓している。
現在は日本 → 海外進出支援、海外現地企業へのコンサルティングを展開中。中国&タイ現地企業への通販コンサルティング実績としては、世界唯一の事例と実績になる。(3年で15億円 中国通販企業、1年で売上25倍 タイ通販企業)

通販・EC業界&海外ビジネス最前線レポート バックナンバー

ページID:00078148