第51回 写真にはキャプション

ホームページ上では、文字よりも写真の方が、訴求力があります。
写真の掲載枚数と問い合わせの件数は、比例していると言っても、過言ではないかもしれません。
理由は、写真の方がキャッチーであり、また、たくさんの情報が伝えられるからでしょう。

この写真掲載の効果を、さらに拡大する方法があります。
それは、一つ一つの写真にキャプション(説明文)を付けることです。
写真を見て感じとるべきことを、閲覧者に委ねるのではなく、こちら側が提示してあげるのです。
そうすることで、自社が訴求したいポイントをしっかり伝えることができます。

なお、キャプションを書くときに、気を付けるべきことは、注意しなくても、写真を見ればわかるようなことは、書かないことです。
写真を見て、理解してほしい方向へ、誘導してあげるのが、キャプションの役割です。
下記のホームページを見てみてください。

鈴与の通販フルフィルメントサービス(鈴与株式会社様 Webサイト)

それぞれの写真にキャプションが付けられており、効果的に特長がアピールされています。
参考にしていただければと思います。

次回は12月11日(火)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸業システム トラックスター

運輸業システム「トラックスター」は、得意先管理・傭車先管理・車両管理・運転者管理の4つをリアルタイムに連結。経理業務の軽減はもちろん、経営管理を強力にバックアップします。

運行管理・動態把握システム Tacシリーズ

「運行管理システムTacMan」・「動態把握システムTacNet」は富士通製デジタルタコグラフを通じてさまざまな車両情報を取得し、運輸業のお客様のニーズに対応したソリューション構築をお手伝いいたします。

この記事の著者

株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント

橋本 直行

物流企業の業績アップ専門コンサルタント。ホームページやDMを使った案件発掘マーケティングや、同行営業などの実践的サポートを得意とする。物流企業経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。
FUNAIロジスティクスソサエティ
橋本 直行 Webサイト

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00078172