第30回 物流企業向けハローワーク活用のすすめ

中小物流企業が最も注力すべき人材採用の手段は、やはりハローワークです。無料であるというメリットはもちろん、意外に若い求職者の登録が多いというのもポイントです。

しかし、ハローワークの効果については、多くの経営者から疑問の声が挙がります。「募集をかけても、なかなか応募が来ない・・・」、「応募が来ても、相当レベルが低い・・・」などなど・・・。そのため、有料媒体に投資しなければならなくなっていると言います。

多くの場合、それは、ハローワーク活用のポイントを外しているからです。ハローワークでの採用がうまくいかない企業は、以下のような過ちを犯しています。

  1. 求人票を一所懸命書いていない
     まず、文字数が圧倒的に少ない場合が多いと言えます。また、企業視点で書かれており、求職者が知りたい情報、求職者を安心させる情報が掲載されていません。例えば、ドライバーの募集であれば、どの程度のスパンで帰宅できるのか(長距離の場合)、風呂や休憩室はどうなっているか、荷物の種類は何か、どこまでやる仕事かなどを記載するとよいでしょう。
  2. 担当者との関係づくりができていない
    ハローワークの担当者へ、自社の採用に際しての想いをしっかり伝え、協力意識を持ってもらうことが重要です。よい人を、たくさん紹介してもらえるように、報告・連絡・相談を強化する必要があります。
  3. 登録時期が間違っている
    月末・月初に求人登録をすると、競合件数が多いため、データに埋もれてしまいます。その時期の登録が落ち着いたころに、更新ではなく、今までの登録をいったん取り下げて、再登録するとよいでしょう。

以上の点に留意して、よい人材をバンバン採用していただきたいと思います。

無料テキストダウンロード「金の卵を採る!物流会社の人材採用成功法一挙公開!」 物流企業経営研究会「ズバロジ」(株式会社船井総合研究所 Webサイト)

次回は7月3日(火)の更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸業システム トラックスター

運輸業システム「トラックスター」は、得意先管理・傭車先管理・車両管理・運転者管理の4つをリアルタイムに連結。経理業務の軽減はもちろん、経営管理を強力にバックアップします。

運行管理・動態把握システム Tacシリーズ

「運行管理システムTacMan」・「動態把握システムTacNet」は富士通製デジタルタコグラフを通じてさまざまな車両情報を取得し、運輸業のお客様のニーズに対応したソリューション構築をお手伝いいたします。

この記事の著者

株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント

橋本 直行

物流企業の業績アップ専門コンサルタント。ホームページやDMを使った案件発掘マーケティングや、同行営業などの実践的サポートを得意とする。物流企業経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。
FUNAIロジスティクスソサエティ
橋本 直行 Webサイト

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00078220