第44回 気が現れた現場

名優、高倉健氏(以下、健さん)は、「いい映画、いい撮影現場には、役者やスタッフが発する気が現れています」と、あるインタビューで述べていました。

それでは、その『気』とは何なのか?

インタビュアーがヒントを求めると、健さんは、長野県上田市の刀鍛冶、宮入小左衛門行平氏を訪ねて、日本刀を打つところを観てみることを薦めたそうです。

そこで観たのは、渾身の力で刀を打つ姿ではなく、丁寧に少しずつ叩いていく様子でした。そして、刀鍛冶、宮入氏は、次のように話します。

「刀を打ち始めたころは、いい刀を作りたい。章に入選したい、たくさんお金をもらいたいと考えていました。けれども僕はいま、あの仕事場に座っていることが好きなんです。毎日、あそこに座って刀を打つ行為が好きです。刀を打てることに感謝しています。僕が刀の中に叩き込んでいる気とは攻撃的なものではなく、感謝と祈りです」

インタビュアーは、健さんの言う『気』とは、人を威嚇するような、研ぎ澄まされた精神力のことではなく、「感謝の念」だということを悟ったそうです。

いい映画は、感謝の念が満ちている撮影現場で撮れるのです。すべての職場に通ずるルールだと思います。

【出典】

高倉健インタヴューズ(amazon.co.jp Webサイト)

次回は10月16日(火)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品