第33回 ドライバーの呼称

呼称は、方針を表します。

繁盛タクシー会社、国際興業大阪では、ドライバーのことを「営業社員」と呼びます。
これは、同社社長の迫田謙典氏が、ドライバーの皆さんに「自分は、国際興業大阪の屋台骨を支えているんだ」、「人の命を預かる重要な仕事をしているんだ」という意識を持ってもらいたいからだということです。

タクシーを運転する社員は、単に運転するだけではなく、お客様と会話をしながらお客様を安全に目的地までお送りし、その代償に運賃をもらっています。
これは間違いなく営業行為だという認識です。

迫田社長は、「仕事にプライドを持たない人が、お客様を喜ばせることはできません」と言います。
「営業社員」という呼称は、自信と誇りを持ってもらいたいという方針の表れなのです。
ディズニーランドは、スタッフを「キャスト」と呼びます。佐川急便は、ドライバーを「セールスドライバー」と呼びます。
それぞれに、想(おも)いがこもっています。

貴社での呼称は、ドライバー、乗務員、運転手・・・何でしょうか?
そこに、方針は反映されているでしょうか?想(おも)いは、こもっているでしょうか?

次回は7月24日(火)の更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸業システム トラックスター

運輸業システム「トラックスター」は、得意先管理・傭車先管理・車両管理・運転者管理の4つをリアルタイムに連結。経理業務の軽減はもちろん、経営管理を強力にバックアップします。

運行管理・動態把握システム Tacシリーズ

「運行管理システムTacMan」・「動態把握システムTacNet」は富士通製デジタルタコグラフを通じてさまざまな車両情報を取得し、運輸業のお客様のニーズに対応したソリューション構築をお手伝いいたします。

この記事の著者

株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント

橋本 直行

物流企業の業績アップ専門コンサルタント。ホームページやDMを使った案件発掘マーケティングや、同行営業などの実践的サポートを得意とする。物流企業経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。
FUNAIロジスティクスソサエティ
橋本 直行 Webサイト

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00078217