第9回 説明書と営業マン

近年減っていっているものの一つに、製品の説明書があります。今までは、取り扱い説明書や組立・設置説明書が同梱されていた製品でも、最近は入っていないというケースが、多くなっています。もしも入っていたとしても、薄くなっています。

この現象には、以下のような理由が考えられます。

 ・ Web上に説明コンテンツをアップし、もう印刷物は作っていない。
 ・ 取り扱いや組立方法を簡便化し、説明をできるだけ不要にしている。
 ・ 説明書に代わって、説明動画(DVD)を作って、同梱している。

背景には、インターネット環境や動画視聴環境の進化があります。

ところで、この変化から、今後のある流れが読み取れます。それは、営業力が、どんどん要らなくなっていくということです。つまり、営業職は、多くの業界で、どんどん減っていくでしょう。少なくとも、優秀でない、普通以下の営業担当者は、必要がなくなります。今まで営業担当者がしていた仕事も、WebやDVDが代わってやることになるからです。

営業も、超プロだけが生き残れる時代です。企業としては、商品の品質を磨き、Webを主として、しっかり告知するマーケティングの仕組みを創るのが、正解だと思います。営業職が要る場面では、超プロのみを使えばよいのです。

一方、営業担当者個人としては、超プロになる努力を今まで以上にしなければ生き残れません。商品説明は動画を使えば上手にできます。よって、顧客の感情を捉え、気持ちをつかむ技術と人間性を身に付ける必要があります。

次回は2月7日の予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品