第40回 シールをあげよう

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の接客スタッフは、楽しいキャラクターのシールを、常に携帯しています。
場内で、子ども客にあげるためです。

例えば、小さい子どもが、自身でレジへ商品を持って行き、買い物をできたときに、「えらいね。シールをあげよう」などと言って、手渡しています。
ほかにも、アトラクションの列に並んでいるときや、レストランで食事をしているときなどに、小さなサプライズを与えるのに、このツールを活用しています。

その様子を見ていると、この「シールを手渡す」という行為により、接客スタッフの「人を歓(よろこ)ばせたい」という意欲が、高まっているのではないかと感じます。
もしかすると、各スタッフが場内で配る枚数には、ノルマ的なもの、または社内でのランキング発表があるのかもしれません。

このUSJの事例は、顧客を歓(よろこ)ばせるスタッフをつくるための方策の好事例だと思います。
まずは、顧客がもらって歓(よろこ)ぶツールを、会社が用意して、接客の機会があるスタッフに持たせることです。そして、できれば配布枚数の管理をすべきでしょう。

運送会社であれば、セールスドライバーに、アメを持たせるとよいかもしれません。
立ち寄った先で配るとよいと思います。愉(たの)しくやるとよいでしょう。

次回は9月18日(火)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸業システム トラックスター

運輸業システム「トラックスター」は、得意先管理・傭車先管理・車両管理・運転者管理の4つをリアルタイムに連結。経理業務の軽減はもちろん、経営管理を強力にバックアップします。

運行管理・動態把握システム Tacシリーズ

「運行管理システムTacMan」・「動態把握システムTacNet」は富士通製デジタルタコグラフを通じてさまざまな車両情報を取得し、運輸業のお客様のニーズに対応したソリューション構築をお手伝いいたします。

この記事の著者

株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント

橋本 直行

物流企業の業績アップ専門コンサルタント。ホームページやDMを使った案件発掘マーケティングや、同行営業などの実践的サポートを得意とする。物流企業経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。
FUNAIロジスティクスソサエティ
橋本 直行 Webサイト

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00078183