第45回 定例会の意義

アウトソーシングの受託企業が、顧客にメリットを享受させ、関係を強化していくためには、定例会の開催が、必須です。
受託業務の内容によりますが、月次や隔月の頻度で、顧客とひざを突き合わせて、現状のシェアとディスカッションをすることには、大きな意義があります。
例えば、物流アウトソーシングの顧客から見た定例会の意義は、以下のとおりです。

  1. 物流品質の向上・維持
    破損率、誤出荷率、在庫差異などの予実データをまとめ、課題を挙げて、一緒に改善を図っていきます。
    物流品質の向上は、納品先(顧客の顧客)の満足度向上に寄与し、コストダウンにもつながります。
  2. コストダウン原資の創出
    優秀な物流アウトソーシング企業は、往々にして、業務を請け負ってから一定の期間後、値下げの提案をするものです。
    その原資は、お互いの協力による改善活動から得られます。
  3. マーケティングデータの取得
    商品別の在庫量と出荷頻度、在庫回転率といった指標のレポートは、顧客の営業部門の戦略策定の有効な基礎データになります。
    どのようなデータが必要か、あらかじめ当該部門と打ち合わせをしておくべきです。
  4. 仕入交渉のネタの取得
    入荷(検品)時の不具合を記録することにより、顧客が仕入先と仕入れ条件の交渉をする際に、有利に働くデータとなることがあります。
    例えば、入荷破損などの場合は、件数、数量、金額だけではなく、写真も残しておくとよいでしょう。
  5. コミュニケーション濃度の向上
    定期的にミーティングを持つことにより、普段のやりとりもスムーズに行くようになります。
    何かあったときに、声をかけやすく、問題があっても小さいうちにつぶすことができ、円滑に業務が回ります。

これらが得られる限り、関係が切れる確率は低いと言えるでしょう。

次回は10月23日(火)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸業システム トラックスター

運輸業システム「トラックスター」は、得意先管理・傭車先管理・車両管理・運転者管理の4つをリアルタイムに連結。経理業務の軽減はもちろん、経営管理を強力にバックアップします。

運行管理・動態把握システム Tacシリーズ

「運行管理システムTacMan」・「動態把握システムTacNet」は富士通製デジタルタコグラフを通じてさまざまな車両情報を取得し、運輸業のお客様のニーズに対応したソリューション構築をお手伝いいたします。

この記事の著者

株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント

橋本 直行

物流企業の業績アップ専門コンサルタント。ホームページやDMを使った案件発掘マーケティングや、同行営業などの実践的サポートを得意とする。物流企業経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。
FUNAIロジスティクスソサエティ
橋本 直行 Webサイト

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00078178