グループ経営(会計)

内部統制への意識の高まりや日本版SOX法により、グループ経営の重要性が増しています。グループ内の各企業の全体最適が求められ、マネジメント強化が重要視されています。

解説

企業グループ全体のビジョンに対し、グループ内の企業が役割責任を果たせるように、企業全体の経営資源を効率的・効果的に利用することが求められます。また、その成果を評価し、グループ全体でPDCAを推進、効果を持続させることが必要です。

システムに求められること

企業グループ内の各管理会社の情報統合と、グループ全体の実績や予算を管理する合算会社からの管理会社へのデータ配信。グループ全体の会計情報を一元管理するための仕組みが求めらます。

  • 会計情報の一元管理
  • グループ全体での予算、残高、実績管理
  • グループ間で共通の情報の配布
  • グループ全体を管理するセキュリティ機能(アクセスログ、アクセス権限など)
  • グループ全体、個々の企業の柔軟な分析機能

企業独自の管理要件と、全体を統合し管理する要件と、どちらの要件にも対応できる会計システムが求められます。

ソリューション

ページID:00076341