内部統制

金融商品取引法、会社法の施行より、「内部統制」というキーワードは無視できないものとなりつつあります。ほとんどの企業がITを利用した業務基盤を構築している今、内部統制を意識したシステム構築が必要です。

解説

内部統制とは、企業などの組織内部において、不正やミスなどが行われることなく組織が健全かつ有効的・効率的に運営されるよう、各業務で所定の基準や手続きを定め、それに基づいて管理・監視を行う一連の仕組みのことです。日本市場では、粉飾決算による企業の破綻や上場廃止が相次ぎ、市場の信用不安を招いたため企業会計の一層の透明化が求められ、内部統制の法制度が整備されるようになりました。

システムに求められること

内部統制における重要なポイントは財務諸表の信頼性と正確性が担保されていることにあり、そのアプローチ方法として「防止的統制」と「発見的統制」の切り口があります。これら二つの統制要素を意識したシステムを構築し、事前&事後の対応を行うことで、統制を強化することができます。

  • 防止的統制

    ユーザーのIDによってシステムおよび業務処理へのアクセスをコントロールする機能など、ミスや不正を未然に防止するための仕組みです。

  • 発見的統制

    操作実行ログ管理など、防止的統制で防ぐことができない業務をモニタリングし、各ユーザーがどのような操作を行ったのか後追い追跡できる仕組みです。

対応する機能

SMILEシリーズ(セキュリティ機能)

充実のセキュリティ機能で不正やミスを未然に防止しデータの正確性を保持します。

SMILEシリーズ(ログ管理)

万全のログ管理で業務をモニタリング。けん制効果も期待できます。

SMILEシリーズ(eValue NS ワークフロー連携)

統合された共通ワークフロー機能(eValue NS)を利用して業務フローを制御。データの信頼性を高めます。

ソリューション

ページID:00076343