ERPとは?

ここ数年、ERPという3文字を、そこかしこで見かけるようになりました。以前は、高額で多機能な基幹系パッケージシステムで外資系というイメージが強かったように思われますが、最近は会計管理と販売管理があれば、「ERP!」というような風潮です。

ERPを知るための3つのポイント

ポイント1:なぜERPシステムが必要なのか

では、そもそも「ERP」とは何でしょうか。正式名称は、“Enterprise Resource Planning”、企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理することで、経営の効率化を図るという考えです。これを支援するシステムがERPシステムです。つまりERPシステムは、企業活動に関する情報を一元的に管理し、活用できるシステムということになります。キーワードは、「情報を一元的に管理する」ということです。

以前は、各部門や事業部単位で「販売管理」「在庫管理」「物流管理」「経費管理」等のシステムを導入して、各業務単位で最適化を図るというケースが多く見られました。中には、「受注管理のシステム」が単独運用されているような場合さえあります。確かに、対象となる業務単独で見た場合、効率化が実現できているように見えますが、企業全体として効率的かどうかという視点では、答えは変わってきます。よく言われる全体最適の視点でどうなのかということです。

画面拡大画像(JPG)[56KB]

企業が直面する課題の解決を支援するERPシステム

ポイント2:情報一元管理のメリット

上記のような状況を、「情報が分断・分散され重複管理されている」と言います。では、なぜこのような状況が問題となるのでしょうか。

情報が分断されているということは、本来、上流からつながって流れるべき情報が二重処理されているということになります。 二重処理はその労力の二重化にとどまらず、正確性の問題や要する時間(業務終了までの時間)にも関係します。

また重複管理に関しては、情報の正確性に加えて、情報の鮮度にも影響を与えます。同じ指標(例えば売上金額)を確認する時に、部門・利用システムによって数字が異なることになります。受注システムで確認できる当日受注金額と販売システムで確認できる当日受注金額が異なるといった現象が起きるということです。

ポイント3:情報の分散・重複管理の問題点

ここで、ある会社では当日受注状況を見ながら、在庫確保・発注手配をしているとしたら…どちらの数字を見るべきなのか、いつの数字で検討すべきなのか、という問題が発生します。分散・重複していることで本来不要な業務手順、確認作業が発生することになります。このような単純な問題を抱えつづけている企業は少ないですが、在庫管理や物流管理で課題を持たれている企業では、情報の正確性という問題が内在していることが多いのも事実です。

問題の根源は、情報を一元的に管理できていないという点です。企業活動で発生するさまざまな情報は、その発生部門だけで利用されるのでなく、他の部門や業務で活用されます。各情報を一元的に管理することで、業務の流れの中での最適化・効率化を図ることができます。そして、一元管理を前提とした業務処理を可能とするシステムが必要となります。 これがERPシステムと言われるものです。

最近は、中堅・中小企業向けの廉価なERPシステムも提供されるようになっています。 会社の規模に関わらず、一元管理できるシステムの活用、全体最適の実現への取り組みに対するハードルが下がったと言ってもいいでしょう。これからのシステム導入は、少なからず、ERPというキーワードで検討されていくことになるのではないでしょうか。

画面拡大画像(JPG)[39KB]

全社の情報を一元管理することで、業務の最適化・効率化を図る

導入実績、業界トップクラスのERPシステム「SMILE」シリーズ

日本独自の商習慣や業種特性などを取り込んだ、ERPソフトです。オフコン時代に発売以来、常にお客様とともに時代を歩み、ご要望を反映、新しいテクノロジを導入して進化を続けてまいりました。企業の規模に合わせて「SMILE BS」「SMILEes」からお選びいただけます。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00076345