ERP導入のメリット

ERPシステムは、企業活動に関する情報を一元的に管理し、活用できるシステムであると前章で書きました。では、このERPシステムを導入するメリットとは何なのかを考えていきたいと思います。

ERP導入における3つのメリット

ポイント1:業務効率の向上

まず挙げられるのが、「業務効率の向上」です。企業活動で行われる業務は概ね、業務を行うにあたっての必要な情報のインプットと業務手続、その結果としてのアウトプットがあります。このアウトプットが次の業務のインプットになるという関係が成り立ちます。ERPシステムは、アウトプット→インプットにおける作業コストをゼロに近づけていきます。原始データを業務の流れの中で活用していくことになります。

簡単な例ですと、受注情報→出荷情報→売上情報→請求情報というつながりが該当します。そして業務手続は、この流れを実現するための各種支援機能を設ける必要があります。ERPシステムは、該当業務(業態)で標準と考えられる手続き、機能を有しているので、ERPシステムを利用するイコール効率化を推進できるという考えになります。「そうは言っても、全部が全部ピッタリと合うことはない」と言われそうですが、全部でなくてもいいのです。合わない機能は使わない、もしくはカスタマイズするという選択肢もありです。

画面拡大画像(JPG)[68KB]

ERPシステムを導入した際の業務効率化イメージ

ポイント2:情報の見える化の推進

次に「見える化の推進」というものがあります。企業活動、経営状況をいかに正確に把握し、判断するかは企業の生き残りにおいて非常に重要な要素です。

これらは、指標・数値として把握することになりますが、誰が見るのでしょうか。部門担当者や部門マネージャーが確認するだけであれば、自部門の数値のみということになりERPシステムが必要とは言えません。しかし、全社の数値を確認するのであれば、その数値が一元的に管理されている必要があります。そうでなければ、各システムの数値を取りまとめる必要があります。

また、数字の関連性や推移を同じ軸で見るためにはデータの加工なども必要となり、結果として労力がかかり確認するまで時間を要することになります。欲しい情報を欲しいときに、欲しい角度で確認することができる環境が、ERPシステム導入で実現できます。

ポイント3:システム運用負荷の軽減

このほかに、運用負荷の軽減というものが挙げられます。特にマスタ管理では、一元管理されるため、集中的な管理が可能になります。これは、取引先マスタや商品マスタに限らず、社員マスタ(担当者マスタ)などもその範囲となります。人事システム機能で登録されたマスタ情報からセキュリティの制限設定などを一元管理できるメリットは、情報管理上も重要です。

システム保守対応という点においても、複数システムをそれぞれの保守窓口に対応依頼を行う必要がありませんし、法改正対応や機能追加などにおいても、一システムを対象とすることができます。

「ERPシステム」というと大きなシステムというイメージになりがちですが、一元管理されているがゆえに、保守においては効率的な対応が可能となります。運用負荷軽減の一例としてIT資産管理の簡易性も挙げられます。同一システムを利用するので、必要なクライアント環境なども統一した管理ができるようになります。台数が多ければ多いほどこのメリットは大きくなります。しかし、これらのメリットも適切に導入できなければ享受できません。

次の章では、ERP導入のポイントについて考えてみたいと思います。

画面拡大画像(JPG)[60KB]

システムの一元化で効率の良い運用管理を実現

導入実績、業界トップクラスのERPシステム「SMILE」シリーズ

日本独自の商習慣や業種特性などを取り込んだ、ERPソフトです。オフコン時代に発売以来、常にお客様とともに時代を歩み、ご要望を反映、新しいテクノロジを導入して進化を続けてまいりました。企業の規模に合わせて「SMILE BS」「SMILEes」からお選びいただけます。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00076346