ERP導入のポイント

メリットの多いERPシステムですが、それは適切に導入できなければ意味はありません。ここでは、ERP導入のポイントを考えていきたいと思います。

ERPを導入するにあたっての3つのポイント

ポイント1:導入プロジェクトの体制作り

導入のポイントは、ERPシステムの特徴に対応します。その特徴は、全社情報の一元管理を行うという点です。これは、全社の業務を統合的に管理するということです。個別の業務に対応するシステムでなく、全社の業務に対応するシステムであるということは、情報システム担当部門や特定部門の代表で導入を進めるというのは好ましくありません。

導入のポイントの一つ目は導入プロジェクトの体制作りです。各業務部門の代表、情報システム部門に加えて経営企画の役割を担う部門からの参画が必要です。

導入プロジェクトには経営企画担当者の参画も必要

ポイント2:ERP導入前の業務整理

次に導入前の業務整理が重要です。ERPシステムは全体最適のためのシステムです。そのために、各種業務が連携して一元管理できるように設計されています。このため、極力ERPシステムの機能内で全業務を運用することを重要視します。ERPシステム内で全業務を運用するということは、現状の業務運用方法に固執していては無理ということです。

現状の業務を変更するという選択も必要となります。ERPシステム導入時に、コンサルティングが必要と言われる理由がここにあります。現状の業務を棚卸した上で、ERPシステムの業務機能とのフィッティングを行います。この時、企業の競争力を維持強化するためのギャップは良しとします。この部分は、無理にフィッティングさせる必要はありません。

しかし、それ以外の業務に関しては、ERPシステムを運用するために業務を変更する事が重要です。つまり、業務改善を行ったうえでERPシステムを導入するという手順が必要となります。個別導入されたシステムを運用されている企業ほど、このフェーズが難航します。それは、各業務を効率よく運用するためにさまざまな支援機能、いわゆる便利機能を搭載していることが多いからです。

便利機能はあったほうが良い…確かにそうです。しかし、それは、便利機能を搭載しないことで発生する非効率と搭載するために要するコストとの比較です。よく投資対効果で判断すると言われます。新規機能の検討では、投資対効果で検討するという方法で進めるのが良いと思われますが、既存機能を継承するかどうかの判断では、効果という指標は適しません。そもそも、今あるのですから。ERPシステム導入においては、効果でなく発生する非効率との検討になると言えます。

つまり、カスタマイズ機能を搭載することで得られる効果との判断だけでなく、搭載しないことによって生じる非効率との比較も検討要素とすることです。非効率が許容範囲であれば、カスタマイズは行わないという選択も可能となります。

カスタマイズする基準を明確にし、搭載すべきか判断する

ポイント3:カスタマイズの抑制

ERPシステムは、極力システムに変更を加えないという前提のシステムです。このため、カスタマイズも極力抑えることになります。

抑えるためには何が重要か? 一つは業務を変更する勇気を持つこと、そしてもう一つは、カスタマイズする基準を設けることです。企業の競争力を強化、維持するために必要な機能なのかという視点と、カスタマイズしないことで失われる時間、コストは許容範囲を超えるのかという視点。この二つの視点を明確にして取り組まなければなりません。

このように、ERPシステム導入のポイントは、システム導入プロジェクトの発足からシステム運用方法の決定までの上流工程にあると言っても過言ではありません。

導入実績、業界トップクラスのERPシステム「SMILE」シリーズ

日本独自の商習慣や業種特性などを取り込んだ、ERPソフトです。オフコン時代に発売以来、常にお客様とともに時代を歩み、ご要望を反映、新しいテクノロジを導入して進化を続けてまいりました。企業の規模に合わせて「SMILE BS」「SMILEes」からお選びいただけます。

基幹業務システム「SMILE」が選ばれる理由

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00076347