NECレポート

NECの最新の製品、サービスなどの展示内容をご紹介します。

魅力的なソフト&ハードで多様な働き方を支援

豊富な導入実績を誇る勤怠管理ソリューション

NECのコーナーには、働き方改革の推進に必要なソリューション、最新端末など幅広いラインアップが展示されていました。
ソリューションとしては、オフィス内だけでなく、いろいろな場所で安全かつ快適に働くことを支援するものが並んでいました。中でも注目はクラウド勤怠管理の「勤革時」。10年以上の稼働実績と、1万6,000社、130万人のユーザーを持つ勤怠管理ソリューションです。多様な打刻法や各社の就業規則に対応できるので、社外で働いた人の勤務状況も簡単に記録してくれます。さまざまな働き方を実践する企業にぴったりのソリューションでしょう。
定評のある顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用した、顔認証PCセキュリティソフト「NeoFace Monitor」も展示されていました。PCログオン時にNeoFaceを活用することで、セキュリティレベルが飛躍的にアップすることに加え、使用されている業務アプリケーションに対して顔認証でID/パスワードを代行入力できるので、アプリケーションごとにID/パスワードを入力する手間が省けます。
また、大規模システムでなければ導入が難しいと思われていたシンクライアントを、低コスト、小規模でも導入できる仮想デスクトップ環境「NEC Cloud DaaS」も展示。自宅や外出先、サテライトオフィスなど社外で業務する場合にも、端末にデータを残さずに作業できるので、データ流出などへの不安からオフィス外で社員が働くことに踏み切れない企業は必見です。
さらに、共創ワークサービス「Zoom」も紹介されていました。コミュニケーションを取りたい相手を招待するだけで簡単に情報共有が行えるクラウドサービスです。

社外でも快適に利用できる超軽量で高性能な端末

ソリューションだけでなく、それらを活用する最新端末が展示されていることがNECならではといえるでしょう。オフィスの外で働く場合、端末を持ち歩くので、軽量で、長時間のバッテリー駆動が可能な端末が必要となります。この条件に合致した製品がそろっていました。
例えば「VersaPro タイプVG」は、第8世代のインテルCore i7プロセッサー、LTE搭載も選択可能と社外で働く場合も快適に利用できそう。バッテリーも最大20時間駆動可能で急速充電対応ACアダプタも選択でき、785グラム、15.5ミリと薄くて超軽量。
11.6型液晶の「Chromebook Y1」も展示されていました。全世界で利用されているChromebookを日本の教育現場向けに提供した製品だそうです。日本でも今後、需要が高まる可能性が高いでしょう。
仕事を効率的に進めるという点では、24インチの狭額縁の「MultiSync E241N」も注目でした。2台並べてなど利用場面に適した設置ができるエルゴノミクススタンドを搭載したディスプレイで、見やすく快適な表示環境によって仕事の効率を向上させることができます。
自社の働き方に合致した端末やソリューションを利用すれば、より効率的に仕事を進められる環境が整うことが分かるNECの展示でした。

(記事提供:ノーバジェット株式会社)