たのめーる

おしごとはかどる! たのめーる

面倒な購買業務の効率化で働き方改革を支援

自然災害への備えをサポートする防災用品

働き方改革につながるグッズを集めて展示していたのが、たのめーるのコーナーです。たのめーるは大塚商会が提供する通販サービスです。たのめーるを利用したり、扱っている商品を活用したりすれば、仕事がはかどることがアピールされていました。
来場者の注目を集めたのが防災用品です。東日本大震災以降、災害に対する関心が高まっていますが、特に近年は、日本各地で地震や台風によって大きな自然被害が発生しているので、社内の防災対策を強化する企業も多いでしょう。防災用品の中でも災害・非常用電池といった停電対策商品が人気で、特に必要性を感じたのはランタンでした。
テレワークやモバイルワークを支える周辺商品も人気でした。オフィスを出て外で仕事をする際には、ちょっとした便利なグッズがあると作業をスムーズに進めることができます。ノートPCやモバイルバッテリー、必要な文房具をまとめて運ぶケースなど「あるとちょっと便利」なグッズが並んでいました。
建設業や製造業でお仕事をされている方には欠かせない工具類も展示されていました。コードレス電動ドライバーや電子テープカッターなど、より使いやすいものを選択することで作業効率をアップでき、働き方改革につながります。

必要な商品を適切なサービスで購入して業務効率化

オフィス用品も、たのめーるのオリジナルブランドをはじめ、さまざまな商品が並んでいました。特にアピールされていたのが大型のデジタル電波時計のタイマーです。時間を管理して働き方改革につなげられます。さらに、オリンピックイヤーということもあり、翻訳機もおすすめ商品になっていました。観光客だけでなく、職場や取引先に外国人労働者も増えているので、仕事でも役立つでしょう。
また、たのめーるではPCも取り扱っているそうです。わざわざ店舗に行く必要がないので、PCを購入する作業が効率化できます。
サービスとしては、カタログで商品を注文するたのめーるに加え、個人が利用できる「ぱーそなるたのめーる」、介護用品を提供する「ケアたのめーる」など、幅広いラインアップが用意されていました。特に、部署ごとの発注管理や承認機能など企業の購買業務を支援する「MAたのめーる」や、お取引先様の商材を集中購買・購買管理ができる「たのめーるプラス」を活用すれば、企業にとって手間がかかる購買業務を効率化できるといいます。
働き方改革の一環として、必要な商品を適切なサービスで購入することが、購買業務効率化につながることを実感した、たのめーるコーナーでした。

(記事提供:ノーバジェット株式会社)

関連リンク

おしごとはかどる!たのめーる