Rebroは3Dモデルのため、平・断面が常に連動しており、一カ所に加えられた修正は瞬時に関連データに反映され、躯体と設備の干渉や施工手順の問題点が明確になり、手戻りを減らすことにつながります。本コースではRebroの基本的な機能を中心に体験していただきます。