Rebro活用により設備業が3D(BIM)を起点として4D(施工管理)〜7D(維持管理)へと進化する可能性をご紹介します。