ネットワークセキュリティの内部対策をL2スイッチで実現。ウイルスの社内拡散防止とネットワークの「見える化」

パソコン1台がウイルス感染してしまった! でも被害をその1台で止めることができればよくないですか?

昨今、ウイルス感染を防ぎきることは至難の業です。感染したパソコンだけに被害を抑えること、サーバーには拡散させないことができるセキュリティL2スイッチのご紹介です。

セキュリティ機密漏えい・外部侵入対策 オンライン

  • 日時:2017年1月25日(水) 13:00〜13:30
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

13:00〜13:30

【G02】

ネットワークセキュリティの内部対策をL2スイッチで実現。ウイルスの社内拡散防止とネットワークの「見える化」

「メールを開いたらウイルス感染してしまった」という話は珍しくありません。感染させることに成功した攻撃者はネットワーク内にあるサーバーや管理者権限のあるパソコンを狙って動き出します。その動きを検知して遮断できる「SubGate」をご紹介します。さらに攻撃デモンストレーションで専用管理コンソール(VNM)の動きをご覧いただき、ネットワークの「見える化」もご紹介します。

日時:2017年1月25日(水)

講師:ハンドリームネット株式会社 様

当日の流れ

  1. 「SubGate」の製品概要について
  2. 攻撃デモンストレーションによる管理コンソールの動作のご紹介
  3. 「SubGate」の設置箇所について

オンラインセミナーの特長を動画でご紹介

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:0分57秒]

「セミナー会場に出向くのが困難なお客様にも最新の情報を提供したい」と2010年から始めたオンラインセミナー。ソリューションの紹介だけでなく、多彩な内容で有効活用できる、最新情報をご提供しています。

過去オンラインセミナーを受けたお客様の声

  • 以前来場型のセミナーに参加したが、オンラインセミナーでも内容の質は変わらずよかった。
    これなら足を運ぶ手間が省けてよい。

    (経営者)

  • 情報システムという仕事柄全員で外部のセミナーに伺うことは不可能に近いが、オンラインセミナーならば全員で参加することができるので素晴らしい企画だと思う。また、講師の方が一方的にお話しするのではなく、クイックアンケートなどを途中に盛り込んでいるところもメリハリが利いていてよかった。

    (情報システム部)

  • 自席にいながらにして受講できる点が非常によかった。
    自席で受講できるとPC画面を見ながら電話も取れるし、緊急時の対応に困らない。

    (総務部)

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録