申請企業急増中! 電子帳簿保存法「スキャナ保存」の実施検討

どうする!? 保存義務のある請求書や領収書

これからスキャナ保存に関する内容を確認・検討されたい方に対して、実現のための全体像と実施の効用を解説します。

文書管理・スキャニング複合機・コピー機活用紙文書の管理・活用 オンライン

  • 日時:2018年1月18日(木) 15:30〜16:30
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

15:30〜16:30

【D04】

申請企業急増中! 電子帳簿保存法「スキャナ保存」の実施検討

電子帳簿保存法の「スキャナ保存」は平成27年・28年の2度にわたる改正で大幅に要件が緩和されたことを受け、実施企業が急増してきています。本セミナーでは、保存義務のある請求書などの国税関係書類を電子化することに求められている要件、実現のために必要な事柄とコストならびにその効用を解説し、貴社における「スキャナ保存」実施検討の材料をご提示します。

日時:2018年1月18日(木)

講師

小林 徹

株式会社大塚商会 共通基盤NW・セキュリティプロモーション部 フロントラインプロモーション課

当日の流れ

  1. スキャナ保存の要件と留意事項の解説
  2. 実施の効用および目的の検討
  3. 実現のために必要なシステムの理解と整理
  4. 想定される運用モデル
  5. まとめ

オンラインセミナーの特長を動画でご紹介

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:0分57秒]

「セミナー会場に出向くのが困難なお客様にも最新の情報を提供したい」と2010年から始めたオンラインセミナー。ソリューションの紹介だけでなく、多彩な内容で有効活用できる、最新情報をご提供しています。

過去オンラインセミナーを受けたお客様の声

  • 以前来場型のセミナーに参加したが、オンラインセミナーでも内容の質は変わらずよかった。
    これなら足を運ぶ手間が省けてよい。

    (経営者)

  • 情報システムという仕事柄全員で外部のセミナーに伺うことは不可能に近いが、オンラインセミナーならば全員で参加することができるので素晴らしい企画だと思う。また、講師の方が一方的にお話しするのではなく、クイックアンケートなどを途中に盛り込んでいるところもメリハリが利いていてよかった。

    (情報システム部)

  • 自席にいながらにして受講できる点が非常によかった。
    自席で受講できるとPC画面を見ながら電話も取れるし、緊急時の対応に困らない。

    (総務部)

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録