拡散型ランサムウェアの実態と対策!

「WannaCry」の動作をお見せします!

2017年から猛威を振るっている拡散型ランサムウェア「WannaCry」の感染後動作や社内拡散の手法を、実演を交えてご説明し、関連対策製品「SubGate」をご紹介します。

  • セキュリティ機密漏えい・外部侵入対策オンライン

    • 日時:2018年9月5日(水) 11:30〜12:00
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:朴 明浩(パク ミョンホ)

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

11:30〜12:00

【B02】

拡散型ランサムウェアの実態と対策!

3年連続で猛威を振るっているランサムウェアのほか、標的型攻撃、情報漏えいなど、問題が繰り返し発生しています。日々進化しているサイバー攻撃。もはや100%侵入を防ぐことはできません。ランサムウェアや新種のウイルスに感染しても、社内の二次被害を水際で阻止する機能を備えた、世界初のL2セキュリティスイッチ「SubGate」による企業LAN対策をご紹介します。

日時:2018年9月5日(水)

講師

朴 明浩(パク ミョンホ)

ハンドリームネット株式会社 代表取締役社長

1973年韓国生まれ。1996年に来日。岡山で日本語学校卒業後、2002年関西大学の総合情報学部卒業(メディア情報処理モデル専攻)。同年、富士電機ITソリューション株式会社(当時 富士電機総設株式会社)に入社し、海外のIT資産管理セキュリティソフトを発掘し新規事業を立ち上げた。製品の企画、設計、技術サポートなどを担当。2009年ハンドリームネット日本支社に入社し、販路開拓や営業を担当。2011年日本支社を独立法人化し、現在代表を務めている。経験に基づいたセミナーや講演会など多数の実績あり。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録