できる管理者はHUBに手を抜かない! ランサムウェアの実物を見て、守り方を学べ

「WannaCry」の動作をお見せし、守り方をお教えします

2017年から猛威を振るっている拡散型ランサムウェア「WannaCry」の感染後動作や社内拡散の手法を、実演を交えてご説明し、関連対策製品「SubGate」をご紹介します。

  • セキュリティ機密漏えい・外部侵入対策 オンライン

    • 日時:2018年12月26日(水) 13:00〜13:30
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:阿部 祐大

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

13:00〜13:30

【N03】

できる管理者はHUBに手を抜かない! ランサムウェアの実物を見て、守り方を学べ

3年連続で猛威を振るっているランサムウェアのほか、標的型攻撃、情報漏えいなど、問題が繰り返し発生しています。日々進化しているサイバー攻撃。もはや100%侵入を防ぐことはできません。ランサムウェアや新種のウイルスに感染しても、社内の二次被害を水際で阻止する機能を備えた、世界初のL2セキュリティスイッチ「SubGate」による企業LAN対策をご紹介します。

日時:2018年12月26日(水)

講師

ハンドリームネット株式会社 営業部

阿部 祐大

これまで飲食業やサービス業などに従事し、2016年にハンドリームネット株式会社へ入社。さまざまな業種で働いてきた経験を基に、本当に必要なネットワークセキュリティ製品をお客様の目線に立ちご提案できるよう活動中。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録