これで解決!「働き方改革推進」の七つ道具

改革のコツは複合機とモバイル全力活用

動きだした働き方改革、同時に「ジタハラ(時短ハラスメント)」や「隠れ残業」などの課題も見え隠れしています。労働生産性の向上を後押しする【七つのソリューション】の活用方法を分かりやすくご説明します。

  • 製品の導入・活用支援営業・業務プロセス効率化経営基盤強化・リスク対策オンライン

    • 日時:2019年5月31日(金) 15:30〜16:15
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:田口 文人

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

15:30〜16:15

【N05】

これで解決!「働き方改革推進」の七つ道具

働き方改革は第2フェーズに入っているといわれます。ここまでの第1フェーズでは何が行われてきたのか? それは時短に対する積極的な取り組みと工夫の数々でした。ところが、制度を優先し、生産性向上の仕組み作りが遅れてしまい、結果的に「ジタハラ」や「隠れ残業」が発生してしまいました。2019年は、この第1フェーズで発生した課題を解消し、真の働き方改革を前進させるために、生産性向上の仕組み作りが急務です。本セミナーでは、データを使って実態の確認、漫画を使って生産性向上のイメージを分かりやすくご説明します。

日時:2019年5月31日(金)

講師

株式会社大塚商会 エリアプロモーション部

田口 文人

基幹業務の分析・提案、ネットワーク提案の専門営業を経てマーケティング本部に異動。セキュリティアプライアンスのマーケティング・プロモーションに従事し、ソリューションの開発、ツールの作成、セミナー・啓蒙活動、社内教育などを旺盛に行う。現在、生産性の向上をテーマに、全国各地でセミナーを実施している。

当日の流れ

  1. 働き方改革第1フェーズの課題
  2. 生産性向上ソリューションの活用シーン
  3. 生産性向上ソリューションの概要説明

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録