中堅・中小製造業が生き残るために今、取り組むべきこととは! BOMによる設計部門の効率化を急げ!

大好評! 毎月開催 生産管理オンラインセミナー[課題解決手法]

生産管理システムの導入を検討されているお客様向けのセミナーです! デモンストレーションを交えてご紹介します。

  • ERP・基幹業務・業務管理営業・業務プロセス効率化オンライン

    • 日時:2019年7月11日(木) 15:00〜16:15
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:谷口 潤 ほか

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

15:00〜16:15

【C03】

中堅・中小製造業が生き残るために今、取り組むべきこととは! BOMによる設計部門の効率化を急げ!

設備系の中堅・中小製造業にとって、平成の終わり2018年は製造バブルが起き、同時に重要精密パーツが逼迫し異常納期をもたらしました。設計部門は異常納期に対応するために短納期設計を迫られ、それに伴う不具合発生がさらに製造現場に混乱を招きました。そして、そのリカバリーに設計部門は疲弊していくという、働き方改革とは真逆のトレンドを余儀なくされたのも事実です。さらに、納期に間に合わない国内製造先の代替として、設備需要家が海外を開拓し始めた結果、その可能性に日本製の優位性が危ぶまれています。令和元年、このような厳しい状況の中で、中堅・中小製造業のMade in JAPANが生き残るためにはどのような解決の糸口があるのでしょうか? 具体的なソリューションも交えてご紹介します。

日時:2019年7月11日(木)

講師

株式会社大塚商会 本部SI統括部 製造SPグループ コンサルタント

谷口 潤

開発設計製造会社に入社以来、設計開発部部長、企画・営業部部長などを経て、米国設計・生産現地法人の経営、海外企業とのプロジェクト運営、新規事業開拓に携わる。その後、独・米国系通信機器関連企業の日本現地法人の代表取締役社長就任。現業に至る。

講師

株式会社大塚商会 本部SI統括部 製造SPグループ

深山 富志夫

製品開発製造会社に入社以来、R&D部門にて研究開発から商品化の一連業務を経て、部門全体の標準化推進や他社共同開発も経験。その後、製造業を支援するSIerとしてPDM導入支援を行い、現在は生産性向上のために設計から生産の橋渡しをサポートしています。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録