中堅・中小企業も対応が迫られる! NISTセキュリティ基準とは?

サプライチェーンリスクから会社を守る方法を分かりやすく解説

サプライチェーンリスクにおけるサイバーセキュリティ対策について、国内外で発行されているガイドラインの状況と、個々の企業がエンドポイントPCで実現すべき対策を解説します。

  • セキュリティ経営基盤強化・リスク対策オンライン

    • 日時:2019年9月12日(木) 10:30〜11:15
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:大津山 隆

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

10:30〜11:15

【E01】

中堅・中小企業も対応が迫られる! NISTセキュリティ基準とは?

ハッカーが狙うのは、セキュリティが脆弱な箇所です。それは、重要インフラ事業者やエンタープライズ企業の中とは限りません。むしろ関連する(取り引きのある)企業、団体、全てのサプライチェーン中からセキュリティ対策のされていない最も攻撃しやすい企業が狙われます。あなたの会社も人ごとではありません。一定レベルのセキュリティ対策がされていない企業は、サプライチェーンに加わることができないことになるのです。本セミナーでは、サプライチェーンリスクとは、から始め、米国でのNIST(米国国立標準技術研究所)が発行するサイバーセキュリティに関するガイドライン(NIST SP800シリーズ)のご紹介と、日本でも同様のガイドラインが出てきていますのでその動向をご説明します。また、昨今のサイバーアタックの動向(標的型攻撃やゼロデイ攻撃など)とそれらを防ぐためにエンドポイントであるPCに求められるセキュリティ機能の概要をご説明し、HPの法人向けPCに搭載されている、BIOS/UEFIを保護する「HP Sure Start」、OSを保護する「HP Sure Recover」、OS上の主要なプロセスを保護する「HP Sure Run」をご紹介します。

日時:2019年9月12日(木)

講師

株式会社日本HP サービス・ソリューション事業本部 クライアントソリューション本部

大津山 隆

1990年 横河ヒューレット・パッカード株式会社(現株式会社日本HP)に入社。ソフトウェアのマーケティング、サーバーのマーケティング、SIの営業に従事したのち、2018年よりエンドポイント関連のセキュリティビジネス開発を担当。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録