設備投資の前にムリ・ムダ・ムラを発見! ヒト・モノ・トキの流れを可視化する3Dシミュレーションソフトウェアご紹介

2018年度評価ナンバーワンの課題解決&最適化支援ツール「FlexSim」のご紹介

工場、生産ライン、物流倉庫、商業施設など全体を可視化し、課題を発見。複数の改善案から最適なソリューションを導き出す、最先端のシミュレーション手法をご紹介します。

  • CAD(設計支援ツール)営業・業務プロセス効率化オンライン

    • 日時:2019年10月9日(水) 14:30〜15:30
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:保坂 元章

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

14:30〜15:30

【B02】

設備投資の前にムリ・ムダ・ムラを発見! ヒト・モノ・トキの流れを可視化する3Dシミュレーションソフトウェアご紹介

「生産性の向上がうまくいかない」「人手不足で事業の継続性が不安」「老朽化した工場の、立て直しのアイデアが出ない」「工場内の物流・動線がうまく計画できない」「材料や仕掛品の管理がうまくいかず販売機会を逃してしまっている」「店舗や施設内の待ち時間を減らしたい」など、「FlexSim」は現状の分析から課題を発見し、複数の改善案を分かりやすい3Dのグラフィックスと各種グラフで可視化することができます。コスト削減や人員不足への対応などの課題を解決し、生産性・利益向上に貢献するソフトウェアです。本セミナーでは、「FlexSim」の複数の使用例から数値によるシミュレーションを行うメリットを説明し、皆様のビジネスの課題を解決するヒントをご紹介します。主な適用業界としては、自動車業界、機械製造、工場内物流、食品製造、マテリアル・ハンドリング、建設、3PL(物流倉庫)、医療、プラント、商業施設など非常に多岐にわたっています。モノ・ヒトの流れでお困りの方必見の内容です。

日時:2019年10月9日(水)

  • * 2018年度評価ナンバーワン:A Comparison of Discrete Event Simulation Software|Online Process Simulator (OPS) - Descreye Solutions より
講師

株式会社ゼネテック エンジニアリングソリューション本部 営業技術部 FlexSim営業技術課 課長

保坂 元章

自動車メーカーでの3DCAD導入支援からキャリアをスタートし、3DCADのプリセールスエンジニアとして10年以上のキャリアを持つ。株式会社ゼネテックでは離散事象シミュレーションソフトウェアの草分け、「FlexSim」の国内ローンチを担当。CAD・CAM・CAE・PDMなど3Dデータを利用するさまざまなソリューションに対して豊富な製品知識を持つ。2019年からは「FlexSim」の販売・導入支援・顧客サポートを担当するチームの責任者を務める。

当日の流れ

  1. 生産性向上に必要なものは?
  2. 「FlexSim」シミュレーションの使用例
  3. 「FlexSim」の機能(基本・独自)
  4. 分析の導入効果
  5. 適用業界と事例

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー